プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

新宿歌舞伎町にZepp Shinjuku 来年4月開業 1500人規模、360度LEDビジョン常設

2023年4月開業予定『Zepp Shinjuku (TOKYO)』ライブホールイメージの画像

2023年4月開業予定『Zepp Shinjuku (TOKYO)』ライブホールイメージ

 ソニー・ミュージックエンタテインメントは26日、東京・新宿歌舞伎町にZepp Shinjuku(TOKYO)を来年4月にオープンすることを発表した。都内ではZepp DiverCity、Zepp Hanedaに続く3館目(閉館したZepp Tokyo除く)。新宿ミラノ座跡地で建設が進められている超高層複合施設「東急歌舞伎町タワー」(地上48階・地下5階・塔屋1階)の地下1~4階に入る。

【写真】Zepp Shinjuku (TOKYO)工事現場、内観イメージも

 Zepp Shinjuku(TOKYO)の収容人数は、新宿エリアのライブホールとしては最大級の1500人(スタンディング時)。従来のZeppホール(約2500人収容)に比べるとコンパクトなサイズ感となるため、アーティストとの距離が近く、臨場感あふれる音楽体験を可能にする。さらに、Zeppホールでは初となる360度LEDビジョンを常設する。

 同社は「多種多様な文化で賑わう新宿歌舞伎町らしく、様々なジャンルの音楽アーティストを招聘し、新しい音楽コンテンツを国内外に発信していきます」としている。

 運営は、東急、東急レクリエーション、ソニー・ミュージックエンタテインメントの3社が東急歌舞伎町タワーにおけるエンタテイメント施設の企画・運営を目的として設立した合弁会社TSTエンタテイメントが行う。

■Zepp Shinjuku(TOKYO)概要
所在地:東急歌舞伎町タワー(地下1階から地下4階部分)
 (東京都新宿区歌舞伎町一丁目29番1、同番3)
開業時期:2023年4月(予定)
収容人員:スタンディング約1,500人、シーティング約500人(予定)

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ