プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

桂正和、最強ヒロインは『I’s』葦月伊織「どんなキャラクターも勝てない」 制作秘話をぶっちゃけ

最強ヒロインは『I’s』葦月伊織だと語った桂正和 (C)ORICON NewS inc.の画像

最強ヒロインは『I’s』葦月伊織だと語った桂正和 (C)ORICON NewS inc.

 漫画家の桂正和、コスプレイヤーの伊織もえ、よきゅーんが26日、東京・池袋のサンシャインシティ文化会館ビル展示ホールCで行われた桂の画業40周年記念の展覧会『40th Anniversary 桂正和~キャラクターデザインの世界展~』のトークショーに参加した。

【集合カット】ミニスカコスプレ姿でイベントに登場した伊織もえ、よきゅーんら

 画業40周年を振り返った桂は「40年やっててよかった。本当にありたがたい」としみじみ。「僕は中途半端な漫画家。器用貧乏というか…。僕の中では全部が三塁打。『少年ジャンプ』というカテゴリの中では、満塁ホームランじゃなくて、点は入るけど三塁打。そんな感じ」と自己評価した。

 桂は、数え切れない美少女キャラクターを世に生み出してきた。その中でも今も人気が衰えないのが『I’s』の葦月伊織だ。「(『I’s』は)SFのない漫画にしてくれと言われた。王道の恋愛モノを書こうと思った。あの子は、ひねったヒロインじゃない。自分が想像できうる万人にウケる女子を描いた」と振り返る。

 ただ、伊織について桂は「俺は嫌いなんだよな(笑)。嫌いというか面白くない」とぶっちゃけて会場はどよめき。「かの“ドクターマシリト”が、『ドラゴンボール』の孫悟空のことについて、もともと透明で何も染まっていないのでウケると。その理論と一緒。伊織も特色のある色を持たないようにした。誰が見ても、かわいい、いいなと思わせると集中して描いた。そうなると人としては面白くない。ちょっとクセがある方が好き」と持論を口にした。

 伊織について「計算されて、数学的にできている。誰もがいいと思えるマドンナにしたかった」と述懐。続けて「案の定、そうなった。どんなキャラクターを持ってきても伊織に勝てない。世の中の反応って、シンプルだなぁって思いましたね。本当に伊織は人気ありますね」と“最強ヒロイン”となった伊織について語っていた。

 また、当初『電影少女』は、ヒロインのあいを消す予定だったが、「消さないで」というファンレターが多かったことにより、結末を変えたという。ただ『I’s』に関しては「最初から一貴と伊織が結ばれる話。あれは、どんなヒロインが出てきても、悪い言い方すると当て馬」と明かした。「イレギュラーだったのは電車の告白シーンで終わるつもりだったんだけど、『少年ジャンプ』の悪いところで『続けましょう』と(笑)。結果、いいエンディングになったと思ったけど僕のクライマックスは電車のシーン(笑)。『I’s』だけですね、結末を想定して描いたのは」と制作秘話を披露していた。

 同展は、桂がこれまで描いてきた漫画をはじめ、漫画以外のイラストも展示予定で、コラボイラストや衣装デザインなど、漫画の枠には収まらない桂正和の世界を楽しめる。「気がつけば40年」と歴史にしみじみしながらも桂は「僕のコメントが、ポイント、ポイントである。美術館の音声ガイドみたいなもの。いかに大変だったかがわかる(笑)。漫画も大変だけどデザインの仕事って大変なんだよね」と見どころを語っていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ