プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

フジ『ここにタイトルを入力』“コンプラ重視”で3回目 バカリズムMCの異色イリュージョン番組【ネタバレあり】

『ここにタイトルを入力』の模様(C)フジテレビの画像

『ここにタイトルを入力』の模様(C)フジテレビ

 フジテレビが月曜深夜に新設した“月曜PLUS”枠(毎週月曜 深0:25 ※初回は0時55分)の第1作『ここにタイトルを入力』。これまで2回にわたって放送された「クイズファイブセンス」と「フワちゃんの浅草のんびりツアー」が斬新な仕掛けで、視聴者の度肝を抜いたが25日深夜放送の「キングオブイリュージョン」でも、その演出は健在だった(※以下、ネタバレを含む表現があります)。

【番組カット】放送を見れば明らかに…朝日奈央の怪訝な表情

 『ここにタイトルを入力』は昨年11月と12月に深夜のチャレンジ枠『水曜NEXT!』で放送されたバラエティー番組で、“収録済みのひな壇と、リアルタイムのMCの掛け合い”“番組放送中に視聴者の意見を反映”など、あまりにもカオスな番組内容に放送終了後SNS上では「意味わからないな」「シュール!」「狂気を感じる」などのコメントが続出した。

 「キングオブイリュージョン」の放送内容を見てみると「『アメリカズ・ゴット・タレント』を始め世界30カ国以上でTV・舞台に出演、世界が認めるイリュージョニスト・HARAがこの番組のためだけに見せるスーパーイリュージョンショー! 目の前で繰り広げられる前代未聞のイリュージョンの数々に驚きの連続! MCバカリズムとゲストのシソンヌの長谷川忍、朝日奈央、鈴木福とともにあなたも奇跡の瞬間の目撃者となろう」との文字が並ぶ。

 番組は、控室に呼ばれたバカリズムが、スタッフから「予定していたイリュージョンがコンプライアンスに引っかかって、ほとんどできなくなったので、協力してほしい」と説明を受ける場面からスタート。その後、実際にイリュージョン番組が幕開けしたが、スタッフの説明通り、バカリズムのアシストが光る中、ゲスト陣はいつもと違うイリュージョンの展開に困惑しながら、不思議な雰囲気で進行していった。

 コンプライアンスへの“気遣い”を逆手に取った演出で、発想の妙と勢い、出演者たちのリアクションなど、さまざまな見どころで3回目も駆け抜けていった『ここにタイトルを入力』。次回以降にも、どんな仕掛けが待っているか注目が集まる。

 番組の模様は「FOD」および「TVer」で配信されている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ