プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

トレンド

『東急歌舞伎町タワー』来年4月開業、ライブハウス「Zepp Shinjuku」など多彩なエンタメ施設を網羅

『Zepp Shinjuku (TOKYO)』ライブホールイメージの画像

『Zepp Shinjuku (TOKYO)』ライブホールイメージ

 東急と東急レクリエーションは26日、都内で会見を行い、新宿歌舞伎町で開発を進める『東急歌舞伎町タワー』を2023年4月に開業すると発表した。エンターテインメント施設が充実し、地下1階~4階には新宿エリア最大級1500人収容のライブハウス「Zepp Shinjuku (TOKYO)」が入る。

【写真】圧倒的な眺望!45階には3層吹き抜けのレストランも

 タワーは高さ約225メートル、地上48階・地下5階・塔屋1階の超高層複合施設となる。「“好きを極める場”の創出」をコンセプトに、歌舞伎町の根底に流れる水のエネルギーをイメージしたデザインが採用された。

 地下のライブハウスのほか、6階~8階には往年の「新宿ミラノ座」の名前を継承する劇場「THEATER MILANO-Za」が入居。アーティストや観客の鼓動(こどう)や息づかいを感じられる約9000席のライブエンターテインメントシアターとなる。また、9階・10階はシネコン「109シネマズプレミア新宿」が入る。

 また、18階~38階は「HOTEL GROOVE SHINJUKU(ホテルグルーヴ新宿)」のフロアとなり、39階~47階は圧倒的な眺望のレストラン・スパ・客席を備える「BELLUSTAR TOKYO(ベルスター東京)」のスペースとなる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ