プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

冨永愛『悪女(わる)』世界的ゲームデザイナー役で登場「世の中の女性が思っている事を代弁できればいいな」

『悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~』第4話に出演する冨永愛 (C)日本テレビの画像

『悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~』第4話に出演する冨永愛 (C)日本テレビ

 モデルで俳優の冨永愛が、4日放送の日本テレビ系連続ドラマ『悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~』(毎週水曜 後10:00)第4話に出演する 正体不明の世界的ゲームデザイナー・鬼丸役を演じる。

【写真】スッポン料理屋の店員を演じるジェジュン

 今作は1997年まで『BE・LOVE』(講談社)で連載していた深見じゅん氏原作の大人気コミックが、30年の時を経て、再びドラマ化。やる気と根性は人一倍、けれどマイペースすぎて組織からはみ出しがちな主人公・田中麻理鈴(今田美桜)が、会社の最下層から駆け上がっていく出世エンターテインメント。

 鈴木伸之演じる小野忠が進める巨大IT企業「オウミ」の周年プロジェクトチームが長いこと交渉を続けてきた鬼丸という伝説のゲームデザイナー。世界的にも非常に有名だが、実は素顔だけでなく、性別すらも公表されていないという非常に謎多き役柄だ。プロジェクトメンバーの誰しも鬼丸は男性だと思っていたため、鬼丸が女性だと知り、一同は驚がくする。

 冨永は「私が演じた鬼丸は、実際の私と近い部分が多くあるように感じました。世界的なゲームデザイナーという役で、この『悪女(わる)』のテーマにもなっているジェンダー平等に関して、第三者から物申す事ができる立場にありました。問題に対して、ここまでハッキリと言える女性はなかなかいないのかもしれませんが、鬼丸が世の中の女性が思っている事を代弁できればいいな、と考えました」とコメント。

 「ご一緒した近藤春菜さんとは以前一緒にお仕事をさせていただいたこともありまして、親近感がありました(勝手にw)ドラマの撮影は時間との勝負ということもあり、自分からNGを出さない事で迷惑をかけないように、と気合いを入れていますが、なかなか難しいですね。そんな中、暖かいスタッフとキャストの皆さんに支えられ、演じやすい環境であったことに感謝しています」と充実感をみせている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ