プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

福士蒼汰&宮野真守“相思相愛”の仲良しトーク「もう一つなんじゃないかな」「ずっと一緒にいる」

『神州無頼街』より 撮影:田中亜紀の画像

『神州無頼街』より 撮影:田中亜紀

 俳優の福士蒼汰、声優で俳優の宮野真守が25日、劇団☆新感線いのうえ歌舞伎『神州無頼街』の開幕前取材会に出席した。

【動画】歌ありダンスありアクションありの新感覚な舞台に挑戦した福士蒼汰&宮野真守

 今作は劇団☆新感線のこれまでの作品とは一味違う“幕末”や“侠客”という、これまで劇作家・中島かずき氏が「いのうえ歌舞伎」では取り上げなかった題材を用いて、わい雑で妖しくヤクザで摩訶不思議な物語を描く。福士は物語の主人公で博識の若き町医者・秋津永流(あきつ・ながる)、宮野は陽気でお調子者の口出し屋・草臥(そうが)を演じる。

 大阪・オリックス劇場、静岡・富士市文化会館ロゼシアター大ホールの公演を経て、あす26日~5月28日まで東京・東京建物Brillia HALLで上演される。

 東京公演の開幕を直前に控え、福士が「大阪、静岡とやってきて、ついに東京でたくさんの方たちに見てもらえる。すごく高揚しているし、すでに20公演やっている自信もあふれています」と笑顔で話すと、宮野も「とにかくカンパニーの仲がいい。高め合って東京に戻ってこられた。かなり仕上がっていると思います」と確かな手応えをにじませる。

 また、改めて互いの印象を問われると、福士は「どんどんお互いの距離が縮まり、もう一つなんじゃないかな? というくらいくっついちゃってる」と回答。宮野も「ずっと一緒にいるもんね。この人と芝居するのこんなに幸せなんだと、どんどんかみ締めてる。普段のオフのところでも芝居の話が絶えない。そういうのも相まって、お互いの理解が深まってる」と返し、“相思相愛”な仲良しトークを繰り広げていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ