プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

ふぉ~ゆ~福田悠太、室龍太は“モテ男”?「気付いていないフリをしているタイプ」

舞台『ボーイング・ボーイング』合同インタビューに参加した福田悠太(ふぉ~ゆ~)と室龍太の画像

舞台『ボーイング・ボーイング』合同インタビューに参加した福田悠太(ふぉ~ゆ~)と室龍太

 人気グループ・ふぉ~ゆ~の福田悠太が、5月14日から29日まで東京・自由劇場で上演される舞台『ボーイング・ボーイング』合同インタビューに、共演の室龍太とともに参加した。1960年のフランス・パリでの初演以来、世界中で何度も再演を重ねてる今作はモテない男・ロベール(福田)がモテ男・ベルナール(室)を訪ねたことから巻き起こるドタバタコメディー。「人見知りなので爆モテというのは想像の世界でしかない」と謙そんする室だが、福田は「元々(室は)モテ男だと思ってる」と疑惑の視線を向け、笑わせた。

 以前、同じ舞台に出演しながらも別のチームでの公演だったとのことで今回が本格的に初共演となる2人。福田は「とてもイイやつなので、けいこに入ってみたらやっぱイイやつ。僕もイイやつなのでいい作品になる」とコンビネーションに手応えをみせ、室も「なんの心配もなかった。明るくてやさしい人。前作でも僕のギターの練習に乗っかって一緒に遊んでくれたりしたので、今回も楽しくできたらいいな」と信頼をのぞかせている。

 初日には親友役ということもあって、先輩の福田から“敬語をやめる”という提案もあったそう。室は「できるだけフランクにしゃべらせていただいてます。帰り道もほぼ毎日一緒に帰ってます」と仲良しぶりをアピール。福田は「面倒くさそうに俺が遅いときは待ってくれてるんです(笑)。でも役者として、そういうところで絆をつかんで役に反映するのも楽しみ」と関係値を築き、室は「福ちゃんさんと、ギリギリまで一緒にいたい」とすっかりなついている様子だった。

 3ヶ国の美女と3股をかけているというベルナールだが、“モテ男”の話題では室について福田が「『僕モテないんですよ』っていうモテる男の技だと思う。その技を使う人が多くて…それだと思います。女子からの目線に気付いていないフリをしているタイプだと思う。結構、自然に演じているなと思います」とイジりまくって、「モテませんよ!」とタジタジにさせる一幕も。

 自身については「僕は本当にモテなくて。ふぉ~ゆ~4人で誰が一番モテるか、モテないかの指差しゲームすると僕が一番モテないって(言われる)」と嘆く福田に、室は「遠目からみると寡黙なイメージだったからしゃべってみるとフランクで明るいしギャップがモテると思います。ほれました!」と断言し“モテ要素”を感じているようだった。

 今回、見どころとしてカーテンコールに、観客含めてみんなで踊れるようなコーナーも用意。福田は「同じ振り付けで、会場がひとつになって盛り上がれたら。一緒に笑って楽しめたらいいな」と展望。またキスシーンが多いことで知られる今作だが福田は「キスシーンは今回の僕らなりの演出をできたら。思っている以上にポップで笑えて、次のキスシーンが見たいくらいの演出になると思います。そこはドキドキしてもらいたいです」と期待をあおっている。6月3日から5日まで京都劇場でも上演予定。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ