プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

安藤政信『パンドラの果実』“不老不死を目指すカリスマ”登場 岸井ゆきの“最上”の過去を知る人物

『パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~』第2話に出演する安藤政信 (C)日本テレビの画像

『パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~』第2話に出演する安藤政信 (C)日本テレビ

 俳優の安藤政信が、30日放送の日本テレビ系連続ドラマ『パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~』第2話(毎週土曜 後10:00)から出演する。ディーン・フジオカ演じる小比類巻祐一が室長を務める「科学犯罪対策室」が対峙する団体・ボディハッカージャパンの代表、カール・カーンとして登場する。

【場面写真】第2話から登場!法医学者を演じる三津谷葉子

 今作は科学犯罪対策室を創設した小比類巻が、アドバイザーとして天才科学者・最上友紀子(岸井ゆきの)を迎え、最先端科学にまつわる事件の捜査を担当。事件の裏に隠された科学そのものを捜査によって解き明かしていく一方で、最愛の妻を亡くした警察官僚・小比類巻の家族愛の物語にもなっている。

 最先端科学を利用して人類の進化を目指すトランスヒューマニストが集まるボディハッカージャパンのカリスマ的創始者であるカーン。時には科学犯罪対策室に捜査協力をし、時に目の前に立ちはだかる壁となる謎の存在に。最上を研究者として招聘(へい)しようとしていた過去がある。

 第2話では、人が真っ白な煙を噴き出して死ぬという奇妙な事件が発生。小比類巻と長谷部(ユースケ・サンタマリア)は、スマホで撮影された事件の映像を見る。その様子は、まるで頭から魂が抜け出たかのようだった…。『科学犯罪対策室』が挑む、プロeスポーツ選手の怪死事件の裏には、ボディハッカージャパンという団体が関わっている可能性が高まる。

 団体の代表はカール・カーンと名乗る人物で、科学の力で人間の進化を目指し“不老不死”を最終目標にしていた。小比類巻たちは、圧倒的なカリスマ性を持つカーンと対面。能力向上のための脳内チップが関わった怪事件。さらに捜査を進める小比類巻たちは、意外な事実にたどり着く――。そして事件は、科学犯罪対策室の今後に関わる重要案件に発展することとなる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ