プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

堂本光一『SHOCK』座長としての強い想い「最大限に楽しんでもらうために」 『週刊朝日』表紙に登場

『週刊朝日』2022年 5/6-13合併号の表紙を飾るKinKi Kids・堂本光一の画像

『週刊朝日』2022年 5/6-13合併号の表紙を飾るKinKi Kids・堂本光一

 人気デュオ・KinKi Kidsの堂本光一が、26日発売の『週刊朝日』(朝日新聞出版社刊)の表紙&カラーグラビアに登場している。2000年から主演し、 観客を魅了してきた舞台『SHOCK』は、現在帝国劇場で『Endless SHOCK―Eternal―』として上演中。5月には単独主演1900回を迎える、無類のエンターテイナーの思いをインタビューで語る。撮り下ろしのグラビアと迫力の舞台写真によるレポートと併せて計9ページで掲載する。

【写真】まるでフライング中!赤布をなびかせた“SHOCK”仕様のゴジラ像

 今回、『Endless SHOCK』本編は配信、劇場ではそのスピンオフである『―Eternal―』を上演するかたちとなった同舞台。決意の背景に迷いがあったかと問われると、「帝劇で、本編をやってほしい、という声もあった。でも、本編をやったとしても、コロナ禍においてはやれないことがたくさんあるんですよね」「エンターテインメントを生んでいく上で『しょうがないよね』という考えで舞台を作るのは、やってはいけないこと。2年前、制約がある中でも最大限に楽しんでもらうために『Eternal』を作ったのは、そういう思いからだったんです」と打ち明ける。

 さらに、ライバル役として新たに出演する佐藤勝利(Sexy Zone)についてや、座長として決断するときに頼りにしているもの、普段のトレーニングや体調管理についてなど、さまざまな質問に答えている。エンターテインメントにかける光一のブレない信念が伝わってくるインタビュー内容に。さまざまな角度から光一の美しい表情を捉えた撮り下ろしカラーグラビア4ページ、『―Eternal―』の舞台を迫力の写真でつづるレポート3ページと併せてたっぷりと届ける。

 今号では、Snow Man主演の舞台『滝沢歌舞伎ZERO 2022』のレポートも掲載。このほか「自公国連立」で来年にも改憲発議がなされるという衝撃の結果が見えてきた参院選大予測、公開直前の大作の魅力を分析する「来たぞ、我らのシン・ウルトラマン」、ウクライナのゼレンスキー大統領のスピーチ術、家計を助ける「請求書の得する見方」など、GWにゆっくり読める幅広いラインナップとなっている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ