プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

トレンド

『サントリー天然水』体験型施設がオープン 青のトンネルに森の散策路、北アルプスを一望できるテラスやカフェも

新たにオープンする「サントリー天然水 北アルプス信濃の森工場」の画像

新たにオープンする「サントリー天然水 北アルプス信濃の森工場」

 サントリー食品インターナショナルは、「サントリー天然水 北アルプス信濃の森工場」(長野県大町市)のブランド体験型施設を5月14日にオープンする。同工場は、生産拠点という役割に加え、「サントリー天然水」や「北アルプス」水源、また水の大切さについて、楽しく学び、その魅力を五感で感じられる“体験型施設”としての役割も担っている。

【画像】北アルプスの大自然も味わえる「サントリー天然水 北アルプス信濃の森工場」

 「青のトンネル」で五感を研ぎ澄まし、季節や自然を存分に感じられる「森の散策路」や小川の流れる「芝生広場」、さらに北アルプスが一望できる「乳川テラス」から、北アルプスの水で入れたコーヒーやクラフトソーダが味わえる「みずのわカフェ」まで、雄大な山々に囲まれた豊かな自然をたっぷり味わえる。

 同施設は、昨年5月に生産を開始し、翌6月末より『サントリー天然水〈北アルプス〉』を出荷している。山梨県の南アルプス、熊本県の阿蘇、鳥取県の奥大山に続く第4の水源となる「北アルプス」(長野県大町市)にある生産拠点だ。

 一般客向けのオープン時期は、新型コロナウイルスの影響を考慮し、施設内容や感染防止対策を検討し直すため、2021年から2022年春へと延期していたが、今回、5月14日にオープンが決定した。※新型コロナウイルス感染症の状況によっては、オープン日再延期の可能性あり。

 同工場(長野県大町市常盤8071-1)は、長野自動車道「安曇野インター」から約35分、JR大糸線「信濃大町駅」からタクシーで約15分。営業時間は9時30分~16時30分(最終入場15時30分)。見学ツアーは無料で参加できる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ