プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

道枝駿佑主演『金田一少年の事件簿』初回視聴率7.8%

日本テレビ「金田一少年の事件簿」初回視聴率が発表(C)ORICON NewS inc.の画像

日本テレビ「金田一少年の事件簿」初回視聴率が発表(C)ORICON NewS inc.

 人気グループ・なにわ男子の道枝駿佑が主演する、日本テレビ系新日曜ドラマ『金田一少年の事件簿』(毎週日曜 後10:30※初回30分拡大、10時から放送)第1話が24日放送され、初回平均視聴率が7.8%(世帯)、4.5%(個人)だったことがわかった。(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

【画像】そっくり?キャラクター化したなにわ男子

 1995年の初放送から幅広い世代の支持を得てシリーズを積み重ねてきた、謎解きミステリードラマの金字塔を実写化。原作は、連載開始から今年で30周年を迎え、世界(12ヶ国)累計で1億部を超える発行部数を記録するなど、日本のみならず、世界市場で圧倒的な支持を集めている。およそ8年ぶりとなる新シリーズは、日本ならではの呪いや怪談を題材にしたミステリーを現代の視点で再構築。シリーズ史上最大のスケールで贈る、これぞ“金田一少年”の決定版といえる内容となっている。

 第1話で描かれるのは“学園七不思議殺人事件”。主人公・金田一一(道枝)が通う不動高等学校には、学園七不思議と呼ばれる謎があった。中でも詳細不明の七つ目の謎について真相を知った者は、旧校舎に潜む怪人『放課後の魔術師』に呪い殺されるという。ミステリー研究会の七瀬美雪(上白石萌歌)は、部員達とその謎を探ることに。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ