プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『元彼の遺言状』第3話あらすじ 麗子(綾瀬はるか)が殺人関与否定するイケメンホスト(望月歩)の弁護に

『元彼の遺言状』第3話カット(C)フジテレビの画像

『元彼の遺言状』第3話カット(C)フジテレビ

 フジテレビ系“月9”『元彼の遺言状』(毎週月曜 後9:00)の第3話が、25日に放送される。

【場面カット】銀髪のイケメンホスト・黒丑益也を演じる望月歩

 原作は、宝島社主催の2021年第19回『このミステリーがすごい!』大賞で大賞を受賞した新川帆立氏による同名小説。主人公・剣持麗子(綾瀬はるか)の元彼・森川栄治が残した「僕の全財産は、僕を殺した犯人に譲る」という奇妙な遺言を受け、麗子が依頼人と共謀して一獲千金を狙う破格の遺産相続ミステリー作品。ドラマでは、弁護士の麗子が数々の難解ミステリーを解決するという異色の痛快推理劇として、原作の世界観はそのままにドラマオリジナルのエピソードも描いていく。

 第3話では、「くらしの法律事務所」を村山弁護士(笹野高史)から引き継ぐことになった麗子(綾瀬)が、篠田敬太郎(大泉洋)を住み込みで働かせることに。そんなある日“武田信玄”を名乗る男から弁護依頼の電話が入る。指定の場所へ向かった麗子を待ち受けていたのは、殺人現場の地べたに座り込んだまま周囲ににらみを利かせているイケメンホスト・黒丑益也(望月歩)だった。

 どうやらホストクラブでは“武田信玄”という源氏名で働いているらしい。死体の身元は進藤不動産社長の進藤昌夫。第一発見者は黒丑で、死体を発見するなり速攻で警察に通報したという。3ヶ月前、黒丑は進藤から立ち退きの話を持ちかけられていた。そのときは穏便な雰囲気だったが、数週間前、再び訪ねてきた進藤はまるで人が変わったように「1ヶ月以内に出て行け」と強引に迫ってきたという。そのことに黒丑は憤慨しながらも、改めて交渉しようと進藤のオフィスを訪ねたところ、そこにはすでに絶命した進藤の姿があったという。

 「自分は関与していない」と全否定する黒丑だが、殺す動機は十分だとして、黒丑は警察に任意同行を求められる。麗子はそんな黒丑の弁護に当たるが、彼の供述につじつまが合わない点が次々浮上する。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ