プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『マイファミリー』“怒涛の15分間”にファン鳥肌「まるで最終回」 誘拐事件解決も新展開へ…【ネタバレあり】

日曜劇場『マイファミリー』第3話の場面カット(C)TBSの画像

日曜劇場『マイファミリー』第3話の場面カット(C)TBS

 嵐の二宮和也が主演を務める、TBS系日曜劇場『マイファミリー』(毎週日曜 後9:00)の第3話が24日、放送された。

【写真】無事だった友果ちゃん!ついに母と抱き合う…

 人生最悪の事態に見舞われた家族の絆が試される、ノンストップファミリーエンターテインメント。誘拐された娘を取り返すための唯一の方法として警察を排除することを決意した夫婦が、たった2人で娘を取り返すべく戦っていく。『グランメゾン東京』(2019年)、『TOKYO MER~走る緊急救命室~』(2021年)などの脚本家・黒岩勉氏によるオリジナル作。

※以下、ネタバレあり
 温人(二宮和也)と未知留(多部未華子)は、大学時代の友人、三輪(賀来賢人)と東堂(濱田岳)という心強い協力者を得て、警察を排除することに成功したが、より確実に身代金を受け渡す為に、ある秘策を犯人に提案する。乗るか反るかの賭けに、果たして犯人は?

 そして、温人は無事、娘を取り戻すことができるのだろうか?遂に、鳴沢友果ちゃん誘拐事件完結編! そして…という第3話のストーリーだった。

 温人は自社のゲーム内チャットを駆使して誘拐犯と交渉を進める。警察とつながった正文(大友康平)、麻由美(神野三鈴)に“うその計画”を伝え、無事に犯人との取引を成功させる。

 一時は交渉決裂で犯人が娘・友果(大島美優)を手に掛ける一歩手前までいってしまったが、ゲームの位置情報を利用して、犯人の居場所を特定した温人がギリギリのところで駆けつける。温人が計画していた全容が明らかとなったラスト15分。ネット上では「鳴沢夫婦、頭よすぎ」「まるで最終回のような怒涛の展開」「何かあるとは思っていたけど、ここまで鮮やかとは」などの声が寄せられている。

 無事に娘と再会を果たした鳴沢夫婦。あえて犯人を追跡しなかった温人に向け、出し抜かれた葛城(玉木宏)は「後悔しますよ。ホシ(犯人)を野放しにしたことをあなたは必ず後悔する」と意味深な言葉を残す。そして、物語は一年後へ。廃墟の非常階段を必死に駆け上がり、荒い呼吸をする温人の姿が。そして「なんでこうなった…。なんでこんなことになるんだよ!」とその場に崩れ落ちる…というシーンで終了した。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ