プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

ドラマ『六本木クラス』竹内涼真主演で7月放送決定 『梨泰院クラス』のリメイク作に「日韓共同プロジェクト」で挑む

ドラマ『六本木クラス』で主演を務める竹内涼真(C)テレビ朝日の画像

ドラマ『六本木クラス』で主演を務める竹内涼真(C)テレビ朝日

 日本でも大ブームを巻き起こした韓国ドラマ『梨泰院クラス』のリメイク作となるドラマ『六本木クラス』が7月にテレビ朝日系で放送され、俳優の竹内涼真が主演を務めることが決まった。

【画像】「六本クラスファイト!」原作者チョ・グァンジンの日本語直筆コメント

 『梨泰院クラス』は、絶望の淵に立たされた青年が復讐を誓って、金と権力を振りかざす巨大企業に屈することなく仲間と共に立ち向かっていく“下剋上”を主軸に、「ラブストーリー」、そして「青春群像劇」が交錯したエンターテインメント作。2020年に韓国で放送され大ヒットを遂げ、その後Netflixでも配信されると、2年経った現在まで常に「TOP10」に入り続けている。

 『梨泰院クラス』の漫画原作を日本の設定に置き換えて翻案された、漫画『六本木クラス』が原作となる本ドラマは、「日韓共同プロジェクト」として、原作漫画の作者でドラマ『梨泰院クラス』の脚本も担当したチョ・グァンジンや、演出を担当したキム・ソンユン監督をはじめ、ドラマを制作したSLL、原作漫画の版元であるカカオエンターテインメント、その子会社のクロス・ピクチャーズ(Kross Pictures)という、そうそうたるチームの協力のもと実現。原作者のチョ・グァンジンは日本でのドラマ化に「とてもうれしく、楽しみにしております」と喜び、直筆日本語メッセージで応援した。

 竹内が演じるのは、復讐を誓って絶対権力者に立ち向かう宮部新。新は、日本最大の巨大外食産業「長屋ホールディングス」の跡取り息子が引き起こしたある事件により、絶望の淵に立たされる。この跡取り息子に罪を償わせること、そして息子のために強大な権力を駆使して事件を揉み消した長屋ホールディングス会長に「土下座して罪を償わせる」こと。そんな復讐が人生の目標になり、父から教えられた“信念を持って貫く”ことを胸に、突き進むことに。

 竹内は『六本木クラス』の主演が決まった時は驚いたようで「『梨泰院クラス』が話題になっていたのはもちろん知っていましたし、僕も見ていて本当にすばらしいドラマだと思っていたので、お話をいただいた時はびっくりしました」と語りつつも、「舞台を東京に変えてリメイクできることはすごいことですし、僕を選んでいただけたことも光栄ですので、全力で頑張りたいです」と意気込み。

 役を作る1つの要素として、竹内は髪型も一新。「ヘアスタイルについてはスタッフのみなさんといろいろ相談をしました」と言い、『梨泰院クラス』の主人公、パク・セロイのトレードマークになっていた髪型と同じにする案も出たが、「僕の中の『宮部新』のイメージやスタッフのみなさんが持たれているイメージのいいところをすり合わせていったら、この髪型に至りました」と明かしていた。

 また、「一番大事にしたいのは、共演するキャストのみなさんやスタッフのみなさんとの人間関係です。どれだけ作り込んでいってもいい関係が築けなかったら作品として成り立たないので。7月の放送までキャストのみなさん、スタッフのみなさんと、いい作品をお届けできるようにこれから撮影を頑張りますので、ぜひ楽しみに待っていてください」とコメントした。

 レギュラーキャストについては近日、発表される予定。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ