プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

ムロツヨシ&岸井ゆきの、YouTuber題材の映画『神は見返りを求める』予告編

ムロツヨシ主演、岸井ゆきのがヒロイン役、映画『神は見返りを求める』(6月24日公開)ポスタービジュアル(C)2022「神は見返りを求める」製作委員会の画像

ムロツヨシ主演、岸井ゆきのがヒロイン役、映画『神は見返りを求める』(6月24日公開)ポスタービジュアル(C)2022「神は見返りを求める」製作委員会

 『ヒメアノ~ル』『愛しのアイリーン』『空白』など、数々の話題作を撮り続ける、吉田恵輔監督オリジナル最新作『神は見返りを求める』(6月24日公開)の予告編、ポスタービジュアル、主題歌が解禁となった。

【動画】映画『神は見返りを求める』予告編

 吉田監督が最新作に選んだ題材はYouTuber。加速する時代で、“YouTuber”という職業を通して、今という時代を象徴的かつポップに描く一方、“欲”や“本音と建て前”、“嫉妬”といった人が誰しも持つ醜さや葛藤をも鮮烈に描く。

 本作の主人公・イベント会社に勤める田母神尚樹(ムロ)は、合コンでYouTuber・ゆりちゃんこと川合優里(岸井)に出会う。田母神は、再生回数に悩む彼女を不憫に思い、まるで「神」かの様に見返りを求めず、ゆりちゃんのYouTubeチャンネルを手伝うようになる。二人は、人気がでないながらも、力を合わせて前向きに頑張り、お互い良きパートナーになっていくが…あることをきっかけに、二人の関係が豹変する。

 予告編は、前半、疾走感のあるポップな音楽とともに二人の出会いから描かれる。田母神は「俺は見返り欲しさにやっているわけじゃないから」とゆりちゃんと青春のようなキラキラした時間を過ごすが、依然としてゆりちゃんのYouTubeチャンネルは登録者数が増えず…。

 そんなある日、ゆりちゃんは、ひょんな事からつながった人気YouTuberのチョレイ(吉村界人)に「(動画を)もっとポップで可愛くした方がいいんじゃない?」という助言を受ける。そこから不穏な音とともに物語が急変。「ゴッドTです。世の中の悪を罰していきます」と、優しかった田母神が覆面を被り「見返りを求める男」に豹変。さらにはゆりちゃんも容姿や振る舞いがまるで別人の「恩を仇で返す女」に!

 そこから印象的なカットが怒とうのように映し出され、ラスト、田母神の「これ流したら全部晒されるからな。毎日ビクビクして過ごせよ」という強烈なパワーワードで予告編は終わる。

 予告編内で使用さている本作の挿入歌「かみさま」、そして主題歌「サンクチュアリ」を歌うのは、心に刺さる切ない歌声が特徴のボーカリスト・セツコと、ボーカロイドシーンでも活躍するコンポーザー・針原翼とkoyoriの3人で構成された、下北沢発の音楽ユニット・空白ごっこ。今年、結成2周年を迎える空白ごっこが、初の映画主題歌・挿入歌を書き下ろした。

 ポスタービジュアルは、ピンクと黄色のラブ&ポップな背景に、予告編で描かれた<見返りを求める男>と<恩を仇で返す女>に豹変する前の、着ぐるみ・ジェイコブを着た<神のように優しい男・田母神>とひたむきに頑張っていた<底辺YouTuber・ゆりちゃん>のカットを使用。

 本編では、実際にジェイコブに入ってさまざまな事に挑戦したムロの動きも見どころ。このポスタービジュアル、一見、王道のキラキララブコメ映画かと思いきや、右下に注目するとビジュアルが燃えかけている! 二人の豹変を予感させるとともに、本作でも描かれているYouTubeの「炎上」 を想起させる象徴的なビジュアルに仕上がっている。

※吉田恵輔監督の吉は、「士」の部分が「土」

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ