プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

『ハイキュー!!』新作読切漫画、ジャンプに掲載 バレー協会で働く黒尾の物語

ジャンプに掲載された『ハイキュー!!』の読切漫画 (C)古舘春一/集英社の画像

ジャンプに掲載された『ハイキュー!!』の読切漫画 (C)古舘春一/集英社

 人気バレー漫画『ハイキュー!!』の新作読切作品が、25日発売の「週刊少年ジャンプ」21・22合併号に掲載された。2022年、日本バレーボール協会競技普及事業部で働く黒尾鉄朗が、バレーボールファンを増やすため国・所属チームの垣根を越えたスペシャルマッチの開催を企画し、今は世界のトップ選手として活躍する高校時代の戦友たちを、イベントへ招聘すべく動き出すという内容になっている。

【画像】大人になったキャラ大集結!『ハイキュー!!』とV.LEAGUEのコラボビジュアル

 これは、『ハイキュー!!』とバレーボール国内最高峰リーグ・V.LEAGUEのコラボマッチイベントが、8月13日・14日に開催されることを記念して企画されたもの。チケットが、4月25日から抽選受付開始となり、同日に発売された同誌21・22合併号に、本イベントを舞台に作者が描きおろした『ハイキュー!!』読切作品が掲載されることになった。

 2012年2月から20年7月まで『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載していた同作は、高校バレーを題材にし、宮城県を舞台に県立烏野高校バレーボール部に所属する主人公・日向翔陽が、かつての同バレーボール部の大エース「小さな巨人」を目指し、「コート上の王様」と呼ばれる天才セッターの影山飛雄ら仲間とともに切磋琢磨して、成長する姿を描いた物語。コミックス累計発行部数は5000万部を突破している。

(C)古舘春一/集英社

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ