プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

トレンド

三菱電機、ジャー炊飯器“50年間の集大成”7年ぶりフルリニューアル『本炭釜 紬』発表

『NJ BWD10 本炭釜 紬』の画像

『NJ BWD10 本炭釜 紬』

 三菱電機は21日、ジャー炊飯器の発売50周年を記念した新たなフラッグシップモデル『本炭釜 紬(NJ-BWD10)』を5月21日に発売すると発表した。7年ぶりのフルリニューアルとなり、圧力をかけずに「本炭釜」×連続沸騰の大火力で米本来の味わいを追及した、同社ならではの技術の真骨頂となる。

【写真】『NJ BWD10』本炭釜 紬で炊いたほかほかご飯

 同社は、1972年に業界初のジャー炊飯器『NJ-1650形 ふた役さん』を発表し、他社に先駆けて炊飯機能と保温を一体化。91年には、かまど炊きにヒントを得た「始めちょろちょろ、中ぱっぱ」の炊き方をIHジャー炊飯器で実現。一方、音声ガイドやステンレスボディーの採用、超音波振動による吸水促進機能も業界で初めて生み出した。

 他社が圧力IHなどに取り組む中、同社は一貫してIHジャー炊飯器に取り組み、2006年には純度99.9%の炭を削り出し、内釜に採用した『本炭釜』シリーズを発表。これを継承し、15年からフラッグシップに位置づけてきた『本炭釜 KAMADO』以来、今回7年ぶりのフルリニューアルとなる。

 『本炭釜 紬』は、本物の炭を職人が約100日かけて削りあげる「本炭釜」により、大熱量で米全体を包み込み、炊きムラを抑え、一粒一粒がふっくらと仕上がるのが特徴。さらに、釜の素材だけでなく、「泡昇り釜底」形状で激しい熱対流をうながし、新たに採用した「新・段付き内釜」で吹きこぼれも防止する。

 さらに、大火力をキープして沸騰し続ける独自の連続沸騰技術と、急速沸騰を実現する「新・八重全面加熱」をかけあわせ、圧力をかけずに、同社が追い求める「かためでもちっと感多め」なおいしさに磨きをかけた。

 50年間のジャー炊飯器の開発の歴史について、同社担当者は「他社にはないオリジナルの技術を出していくという精神があったからこそ、多くの“業界初”を生み出せてきたのだと思う」と説明。7年ぶりのフルリニューアルもその哲学を貫き「あえて圧力は加えずにやさしく炊いて旨みを逃さない」味わいに自信を見せる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ