プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

濱正悟『何かおかしい』追加キャスト 樋口日奈、筧美和子、橋本マナミら

ドラマ『何かおかしい』の追加キャスト陣(C)テレビ東京の画像

ドラマ『何かおかしい』の追加キャスト陣(C)テレビ東京

 俳優の濱正悟が主演を務める、テレビ東京系ドラマ『何かおかしい』(5月31日スタート 毎週火曜 深0:30)の追加キャストが発表された。

【写真】濱正悟ら主要キャスト陣がズラリ

 ドラマの舞台となるのは、とあるラジオ局。生放送中のちょっとした違和感が思わぬ悲劇を巻き起こす…。単なるホラーやミステリーでは終わらない、リアルタイム進行型ヒューマンホラーだ。大河ドラマ『鎌倉殿の13人』での平維盛役では「美しすぎる武将」とSNS上を中心に話題になった濱は、ラジオの生放送番組『オビナマワイド』の構成作家・花岡役を演じる。

 追加キャストには、花岡と同じく「オビナマワイド」のスタッフ小野寺役に樋口日奈(乃木坂46)、今岡役に吉田ウーロン太が決定。さらにストーリーのカギを握る、各話に登場するゲストキャストとして筧美和子、佐伯大地、杏花、橋本マナミ、中村舞、青木瞭の出演も決まった。

 主題歌は、出演した映画『ドライブ・マイ・カー』が「第94回米アカデミー賞」国際長編映画賞を受賞した女優・三浦透子が歌う「intersolid」に決定した。

<樋口日奈>
出演することが決まった時は、何だかワクワクしました! 小さい頃から、中々体験することのない非現実的な怖い話が大好きでしたが、このお話には怖い中に、今の世の中に置き換えて考えさせられるような…どこか身近なものを感じました。ストーリー、そして登場人物達への、“何かおかしい”という気持ち悪さを観て下さった方々に体験して頂きたいです。

<筧美和子>
台本を読み進めていく中で、今までにないような、なんとも言えない不思議な感覚になりました。爽快! というわけではなくジワ~っとした違和感が広がっていくような、これが“何かおかしい”なのか? 新感覚な作品にわくわくしました。現場では本当にラジオのブースに遊びに来たような感じで、皆さんと楽しく話していたらあっという間に終わっていました。何が起こるかわからないこの不思議な世界をぜひ楽しんでいただければと思います。

<橋本マナミ>
台本を初めて読んだ時、この先はどういう流れになるのかとてもドキドキして読みました。そしてまさかの結末に驚きまして…役としては難しい箇所もありましたが、チャレンジさせていただきました。皆様も何かおかしいとドキドキしながらみていただけたらうれしいです。

<中村舞>
今回、友人役で出演させていただきました、中村舞です。お芝居に関してはまだ経験が浅く、とても緊張したのですが、私は都市伝説などのゾクッとするような話が好きなので、心からワクワクしながら撮影することができました! 女子高生たちのちょっとした悪戯から起こる負の連鎖にどうなってしまうのかというハラハラ感を感じます。目に見えない何かによって不可解なことが起きているという恐怖をお楽しみください!

<杏花>
一般的なホラーとはひと味違う、どこか不穏で血の気が引くような雨穴さんの世界観にゾワっとしました。舞台となるラジオブースの中は一見、本物のラジオ番組と勘違いするほどリアルな空間なのに、そこに繰り広げられる、“何かおかしい”でき事は、人間の深層心理に痛いほど触れているように思え、この世でいちばん怖いものをみた気がします。ひとつの小さな疑問が、取り返しのつかない大きな事件になる瞬間の生々しさとスリルを味わっていただければと思います。

<青木瞭>
この度、中継先のディレクターとして参加させていただきました。目の前で起こっていることをわかりやすく、そしてドラマを観ている方々のドキドキを、中継のリポートでさらに掻き立てられるように伝えられたらいいなと思って演じました。スマホで撮影したり臨場感たっぷりなところも観ていただきたいです。

<佐伯大地>
小さな頃からラジオを聴くのが好きだったので、楽しく撮影できたなぁと感じております。色んな謎が散りばめられたお話なので謎探ししながら楽しんで見ていただけたらうれしいです。僕の絶妙な心情も謎探しと共に見ていただけたらうれしいです。

<吉田ウーロン太>
今回、ラジオのミキサーの役をやっております。ブースの外にいるので何だか気楽な、でも責任重大な、不思議な役どころだなあ。というのが台本を読んだ時の感想。で、これどうやって撮るの? というのが台本を閉じた時の感想。いや1日でこの撮影量は絶対無理でしょ! というのがスケジュール表をもらった時の感想。でも、無理じゃなかったんです。その画期的な撮り方とは…乞うご期待!

<三浦透子>
先の見えない、どこに辿り着くかわからない螺旋階段を登ったり降りたりするイメージで歌った曲です。不安と高揚が入り混じったような不思議なメロディがこのドラマにとってよいスパイスになればと思っています。放送がとても楽しみです。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ