プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

剣・椿隆之&ディケイド・井上正大&ゴースト・西銘駿&鎧武・佐野岳、爆笑座談会 高岩成二は仮面オフで「キレが増す」

『グッドモーニング、眠れる獅子』に出演する(左から)椿隆之、井上正大、佐野岳、西銘駿 (C)ORICON NewS inc.の画像

『グッドモーニング、眠れる獅子』に出演する(左から)椿隆之、井上正大、佐野岳、西銘駿 (C)ORICON NewS inc.

 「ミスター平成仮面ライダー」と呼ばれ、さまざまなヒーロー番組でスーツアクターとして、20を超える主役を務めてきた高岩成二(53)が顔出し初主演を務め、数多くの作品で高岩とタッグを組んできた坂本浩一監督がメガホンを取る『グッドモーニング、眠れる獅子』。作品に花を添えるべく、椿隆之(『仮面ライダー剣』剣崎一真役)、井上正大(『仮面ライダーディケイド』門矢士役)、西銘駿(『仮面ライダーゴースト』天空寺タケル役)、佐野岳(『仮面ライダー鎧武』葛葉紘汰役)という仮面ライダー作品で主演を務めた4人が出演している。ORICON NEWSは4人にインタビューを実施し、高岩への感謝の思いや裏話などを聞いた。

【動画】平成仮面ライダーが爆笑トークで裏話暴露! スペシャル座談会

■オファーを受け感慨 井上正大は「高岩さんをボコれるということで…」

 50歳を過ぎて入社してきた、新人の芸能マネージャー・九條和真(高岩)。やる気と情熱は人一倍だが、担当する強気で勝気な売れないアイドル・綿貫玲実(渡邉美穂)には煙たがられ、邪険にされている。ある日、いつものように「アイドルではなく女優の仕事がしたい」と九條に八つ当たりする玲実の元に、なぜかヒット作連発の大物、田崎山監督の手がける大型配信ドラマ主演オーディションの話が舞い込む。かねてからの夢をかなえるチャンスに奮起する玲実だったが、そんな中、ファンの度を越えて彼女を執拗(しつよう)に追いかけるストーカーが起こしたとみられる爆破事件が起き…。

――作品で高岩さんと共演した感想とオファーを振り返って
【椿】オファーがあった際に高岩さんが主演ということで、まずは恩返しをしたいという気持ちが第一にありました。すぐに、やりたいと思いました。高岩さんが顔出し初主演。スーツに入らない高岩さんを生で見て芝居ができるのは貴重な経験でした。

【井上】数多くの仮面ライダーの中に入っていた高岩さんをボコれるということで…。殴りたい、蹴りたいという思いで出演させていただきました(笑)。ここにいる4人は仮面ライダー作品で主演した。高岩さんとアクションすることは、ないことなんです。けど、それが初めて実現した。楽しみに撮影をさせていただきました。

【佐野】高岩さんの初の仮面オフでの主演作。そういったステキな作品に参加できることは幸せだなと、思いました。坂本監督とも初タッグで監督は「佐野くんで何かやりたいね」とおっしゃってくださっていたので、今回すごくうれしかったです。仮面ライダーをやっている時は坂本監督の元で撮影したことはなかったので、僕もほかのシリーズの坂本監督の回を見ていて、スゴくアクション尽くしで、いつか一緒にやりたいと思っていました。そういったところでもワクワクしながら現場に臨めました。

【西銘】素直にうれしかったです。でも、不安がスゴくありました。高岩さんと敵対することに。1年半にわたって同じキャラとして戦っていたのでプレッシャーはありました。プラスで仮面ライダーの先輩もいらっしゃったので。天空寺タケルとしてではなく、アイドルストーカーとして頑張ろうと(笑)。仮面ライダーの現場なのに違うことをしているような感覚でした。台本をもらった時は困惑しました(笑)。

――それぞれの作品で印象に残っているシーンなどありますか?
【井上】椿くんは『仮面ライダーディケイド』の時に、岳くんは『仮面ライダー鎧武』の時に、西銘くんは『仮面ライダージオウ』の時に共演させていただいた。(門矢士は)いろんな世界に行けちゃう都合のいい仮面ライダーなんですよ(笑)。でも、平行世界がそろう感覚で不思議。

【佐野】仮面ライダーシリーズの可能性は無限ですから。

【井上】だって神様になったんでしょ?

【佐野】(『仮面ライダー鎧武』の世界では)僕、神様なんで、なんでもできるんですよ。星とか作れますから(笑)。

【井上】今回の作品は、オマージュしているところがある。椿くんは剣を使ったり。

【椿】そうだね。

【井上】アイドルストーカーは何のオマージュなの? 本人の素?

【西銘】やめてください(笑)。素でもないです(笑)。

【佐野】アイドルに命を燃やしてたんだよね?

【西銘】命を燃やしていたと言えば、そうかもしれないです(笑)

【佐野】まーくんはオマージュしているところあります?

【井上】何の衣裳を着ても「ここが、○○の世界か」って言えば、全部それになる。武道家になったり、野球選手になったり、各世界で衣裳が変わっていた。カメラさえあれば『仮面ライダーディケイド』。高岩さんいるし(笑)。撮影期間は、そんなに長くなくて1日とかだったんですよね。

【椿】だから、きょう1番しゃべってるかもね(笑)。

■撮影中に感じた“仮面ライダー” 渡邉美穂の魅力も語る「いい女優さん」

――高岩さんはインタビューで「モモタロスが出ちゃう」と話していましたが
【井上】みんな、高岩さんのアクションを見て、自分の仮面ライダーの動きだと思わなかった?

【佐野&西銘】思った!

【椿】思わなかった…。

――ブレイラウザー持っていなかったからですかね?(笑)
【椿】(笑)。

【井上】思わなかった人いた(笑)。高岩さんの独特な前でさばく動きとかで、仮面ライダーディケイドを感じた。

【佐野】攻撃を受けたリアクションを見て「『鎧武』だ!」思いました。

【井上】高岩さんの味があるけど、演じ分け方はしていると思うので、そう感じると思う。

【西銘】高岩さんは動きに慣れないと言ってました。スーツを着ている時と、着ていない時の重さが違うから。

【佐野】仮面オフした時の方がキレが増してました(笑)。早すぎて!

【井上】「スーツアクター、もうできないよ」と言ってましたけど、全然イケる(笑)。高岩さんのスピードについていくのに必死。

【佐野】仮面オフした方が強いんじゃないかなって疑うぐらいでした。椿くんのナイフアクションも、めちゃくちゃカッコよかったです。武器を使った戦いもいいなって思って見てました。

【椿】武器使おうが、何を使おうが高岩さんには勝てないよ(笑)。

【3人】(爆笑)。

――最後に見どころを
【椿】僕は、高岩さんの芝居を見たいです。高岩さん一筋です! 高岩さんのオタクになりたいです!

【井上】この4人が暴れまわっている。暴れまわって高岩さんを集中攻撃している。作品としても楽しめるものになっています。仮面ライダー好きな方はいろいろ想像しながら見てもらい、そうではない方にも見ていただきたいです。散々、仮面ライダーの話をしましたけど忘れてもらって『グッドモーニング、眠れる獅子』を見ていただければと思います!楽しんでください。

【佐野】見どころは、このキャスティングでの高岩さんとのファイトです! それ以外でも人間ドラマとしても面白く仕上がっている作品です。仮面ライダーが好きな方、そうでない方も楽しめる作品となっているので、楽しんでいただけるとうれしいです。

【西銘】かつて世界を救っていた仮面ライダーたちが高岩さんと敵対して戦う。その画自体が見どころだと思います。高岩さんの素面でのバチバチのアクションも、ぜひ!

【井上】(役でストーカーする)渡邉美穂さんの魅力は?

【西銘】アイドルでしたね~。かわいかったです!

【佐野】明るくて、現場を盛り上げてくださっていて、撮影で印象が変わりました。

【西銘】渡邉さんが歌う劇中歌の「ひとりぼっちの革命」を歌うシーンがあると聞いていて。1週間ぐらい寝る間も惜しんで聞いていたら全部、歌えるようになりました。でも、現場に入ったらワンフレーズでいいと言われて(笑)。あと渡邉さんが歌うシーンを見ていたら本当にアイドルオタクとして西銘がキュンキュンしてました(笑)。

【井上】やっぱりアイドルオタクだったんだね。

【西銘】いや! はい…。

【佐野】とうとう否定しなくなった(笑)。

 そのほか動画では、どの仮面ライダーになってみたかったかなどを指差しトーク。笑いの止まらない座談会となっている。

 『グッドモーニング、眠れる獅子』は、NTTぷらら/アイキャストが運営する「ひかりTV」 で配信中。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ