プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

麒麟・川島、南キャン山里、オードリー若林、ハライチ澤部が大暴れ 特番『テレビギャング』放送

バラエティー特番『テレビギャング』の模様(C)日本テレビの画像

バラエティー特番『テレビギャング』の模様(C)日本テレビ

 お笑いコンビ・麒麟の川島明、南海キャンディーズの山里亮太、オードリーの若林正恭、ハライチの澤部佑による“令和の新MC”4人が、もっと大暴れし、芸能界でシマを広げるギャングスターになることを目指す、日本テレビのバラエティー特番『テレビギャング』が24日に放送される(後2:00 ※関東ローカル)。

【番組カット】そろいのスーツでビシッと決めるMC4人

 まずは、テレビで大暴れするための「本音の作戦会議」から。澤部は「人望がない」ことから、自分にはついて来てくれるファンも後輩もいないと嘆く。それぞれの「右腕」と呼ばれる後輩を発表していくが…。また「自分がMCの番組の本番前の立ち回り」「目の奥が笑っていない」など、MCとしての苦悩を本音でぶっちゃける。

 ロケブロックは「愛され商店街」と題して、さまざまなミッションに挑戦。まずは「店員さんに『かわいい』と言ってもらえるか?」。若林と川島が、全国の特産品を売るお店に突入し、あれこれ手を尽くして「かわいい」を引き出そうとするが…。駄菓子屋さんで「元気ですね」と言われるミッションでは、若林が大暴走する。

 さらに精肉店での「よく食べますね」と言われるミッションでは、4人がこれまで見た事もない爆食いを披露。最後は「身体を張る」ミッションでプロレスに挑戦し、思いがけない奇跡のエンディングを迎える。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ