プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

Snow Man『それスノ』“かるた部”強豪高校と対決 向井康二はなぜか“殿”スタイル

『それSnow Manにやらせて下さい』に出演するSnow Man (C)TBSの画像

『それSnow Manにやらせて下さい』に出演するSnow Man (C)TBS

 人気グループ・Snow Manが出演する、TBS系バラエティー『それSnow Manにやらせて下さい』(毎週日曜 後1:00)。24日の放送では『それスノ“スクールウォーズ”第3弾』として、超強豪校の部活にSnow Manが殴り込みをかけ、真剣勝負に挑む。前回、全国屈指の強豪ダンス部とのHIPHOPダンス対決に見事勝利したSnow Manが今回、初の文化系の部活として“かるた部”に殴り込みする。

【写真】Snow Man大喜び!氷でできた雪だるま

 今回、対決相手となるのは、全国大会に過去18回出場している強豪高校のかるた部。競技かるた初心者のSnow Manのため、今回は特別ルールで部員1人 vs Snow Manチーム3人のハンデ戦となる。さらに公式の競技かるたではなく、オリジナルかるたで対決。メンバーを替えて3回戦行い、先に2勝したチームの勝利だ。

 対戦するオリジナルかるたは『初心者用!上の句入りかるた』、読み札がだじゃれの“だじゃれかるた”、そしてジャニーズ事務所所属のタレントに関する情報が書かれている“ジャニーズかるた”の3種類。“上の句入りかるた対決”には阿部亮平、岩本照、宮舘涼太、“だじゃれかるた対決”には向井康二、佐久間大介、ラウール、“ジャニーズかるた対決”には深澤辰哉、渡辺翔太、目黒蓮が参戦する。

 各チームわずか30分の練習時間を終え、本番では、Snow Manも袴に着替えて参戦。みんなが袴でビシッと決める中、向井だけなぜか“殿”スタイルでメンバーも大爆笑・・・かと思いきや、まさかの反応。対決は“上の句入りかるた”から。初心者には一番難易度の高いこの対決では、頭脳担当の阿部、フィジカル担当の岩本、そして「家を出る時に鍵を取るのが早いから」と瞬発力(?)をアピールした宮舘のチームワークで勝利を目指す。頭脳担当の阿部が考えた“ある作戦”とは。

 続く“だじゃれかるた対決”には、「だじゃれは得意」と豪語する3人が挑む。佐久間とラウールが両脇から“殿”向井を支える作戦に出る。ラストの“ジャニーズかるた対決”では、「ジャニーズ事務所の名に懸けて!」(渡辺)と気合十分。深澤も「ガチでやるから」と眼鏡をかけて参戦するなか、「攻めにいく!」と戦闘モードの目黒が華麗なファインプレーをみせることはできるのか。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ