プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

映画『鋼の錬金術師』新キャストの渡邊圭祐、黒島結菜、筧利夫、ロン・モンロウらも熱演

東の大国シン国からやってきた、ランファン(黒島結菜)、リン・ヤオ(渡邊圭祐)、フー(筧利夫)(C)2022 荒川弘/SQUARE ENIX(C)2022 映画「鋼の錬金術師2&3」製作委員会の画像

東の大国シン国からやってきた、ランファン(黒島結菜)、リン・ヤオ(渡邊圭祐)、フー(筧利夫)(C)2022 荒川弘/SQUARE ENIX(C)2022 映画「鋼の錬金術師2&3」製作委員会

 荒川弘による漫画「鋼の錬金術師」連載開始20周年新プロジェクトとして、再び山田涼介(Hey! Say! JUMP)主演で実写映画化される『鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー』(5月20日公開)、そして映画『鋼の錬金術師 完結編 最後の錬成』(6月24日公開)。

【画像】ロン・モンロウが演じたシン国第十七皇女メイ・チャン

 原作のままに映像化することにこだわり、凄腕の国家錬金術師だけを抹殺して回る男スカーとの対決を描く『復讐者スカー』、国家を揺るがす巨大な陰謀に導かれていく『最後の錬成』の二作で、原作の最終話まで描き切る。幼い頃に亡くした母親を蘇らせようと行った錬金術の禁忌とされる人体錬成により、失われた身体を取り戻そうとする兄弟が最後に出した答えとは…?

 本日は、東の大国シン国からやってきた新キャラクターを演じた渡邊圭祐(リン・ヤオ)、黒島結菜(ランファン)、筧利夫(フー)、ロン・モンロウ(メイ・チャン)の新たな場面写真とコメントを紹介。

■リン・ヤオ/グリード役:渡邊圭祐

 本作から参戦となる不老不死の法を追い求める、シン国第十二皇子リン・ヤオを演じる渡邊は、「原作が大好きで学生の頃から読んでいて、一作目で佐藤隆太さん演じるヒューズのシーンは涙無しでは見れないほど好きなんです。オファーのお話をいただいた時は、逆に『自分で大丈夫か?』とプレッシャーを感じましたが、撮影に入るまでの期間は楽しみにしながら毎日準備をしていました」と、語っている。

 原作の大ファンであることを明かした渡邊が演じるリンは、ホムンクルスのグリードに肉体を乗っ取られてしまうため一人二役という演じ分けが必要となったことの苦労もあったと明かし、リンについて「飄々(ひょうひょう)とした一国の王子の気品と自信を持ちながら、一方でどこか頼りなく情けないリンらしさが垣間見えるように精一杯尽力致しました」と語る。

 一方、グリードについては「リンの立ち姿は腕を組んでいる時でも常に胸を張って背筋をピンとする事で王子らしさを出すことを意識していたのですが、グリードは獣のような荒々しさを出すためにも何かを見る時は、下から見るようにすることを意識していました」と、それぞれを演じる上で意識したポイントについてコメントを寄せている。

■ランファン役:黒島結菜

 リンの護衛ランファンを演じる黒島は、本作のようなアクションのある漫画原作の映画出演やアクションシーンが初めてとなり、「(山田涼介さんが)『気にせずぶつかって来ていいよ』と言ってくださって、その言葉のおかげでとても楽になりましたし、私の動きに合わせて動いてくださってとても助かりました」と、主人公のエドを演じる山田のおかげで緊張が解けたことを明かす。

 また初挑戦となったアクションの撮影を振り返り、「運動は得意な方なので、撮影前は大丈夫かなと思ってはいたのですが、アクションの動きは運動神経が関係ないんだなと実感しました。小柄なランファンの力強さを出すことがとても難しかったです」と初めてのアクションに苦労しながら取り組んだことを明かした。

■フー役:筧利夫

 ランファンの祖父フーを演じる筧は、学生時代に少林寺拳法部に所属しており、過去にもアクション映画の経験があったと話し、「撮影の2ヶ月前に最初のアクション稽古があったのですが、久しぶりのアクションだったので、『これは鍛え直さないとまずい』と思い、そこから改めてよりハードな自主トレーニングをはじめ、なんとか夏のアクションシーンの撮影に間に合わせることができました」と、再トレーニングを行ったそう。

 「アクションシーンが終わった後も、そのトレーニングを続けていて、今(クランクアップ時)のほうがもっと身体が仕上がっているので、もう一度やらせていただければもっとできるんじゃないかと思っています」と、ストイックに撮影に臨み続けていたことを明かし、自信を覗かせている。

■メイ・チャン役:ロン・モンロウ

 シン国第十七皇女メイ・チャンを演じたのは中国出身のモデル・歌手・女優のロン・モンロウ。中国のみならず日本でも活動の幅を広げているモンロウは、日本の長編映画の出演は本作が初となる。オファーについて「最初は信じられませんでした。中国でも日本でもすごく有名な漫画作品の映画に自分が出ることが想像できなかったですが、とにかくうれしかったです」とオファーされた時の喜びを振り返った。

 毎日日本語を練習して撮影に挑んだというモンロウは、「日本語の台本をもらったばかりの時は難しくてできないなと思いました。家の壁に台本を張っていつでも練習できるようにして、何回も何回も繰り返し練習をしました。徐々に良くなっていき、撮影の時は練習の成果を発揮できたのではないかと思います」と、母国語ではない環境下で挑む現場で、努力を積み重ねたことを明かす。

 不老不死の法を求める旅のさなか、エドとアルと運命的な出会いを果たし、やがて国家を揺るがす大きな秘密に巻き込まれていくシン国からやってきた4人の新たなキャラクター。彼らを見事に演じきってた新キャストたちの活躍ぶりは、ぜひ劇場の大スクリーンで見届けたい。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ