プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

浪川大輔、小学生の時に『E.T.』吹替「愛している」のせりふに苦労

(左から)桑原崇氏、浪川大輔、大森淳男氏 (C)ORICON NewS inc.の画像

(左から)桑原崇氏、浪川大輔、大森淳男氏 (C)ORICON NewS inc.

 声優の浪川大輔が22日、東京・丸の内ピカデリーで開催されたスティーブン・スピルバーグ監督作品『E.T.』製作40周年記念アースデイ特別上映にゲストとして登壇。日本語吹替版で主人公の少年エリオットの声を担当した浪川は「当時の声はもう出ないけれど、名作はずっとこの先も40年、50年と残っていくもの。改めてこの作品の魅力に触れてほしい」と感慨もひとしおの様子だった。

【動画】放送前に意気込み!ラフな姿の浪川大輔

 映画『E.T.』は1982年6月11日に全米公開、同年12月4日に日本でも公開された。日本では約96億円の配給収入を上げ、97年に『もののけ姫』に抜かれるまで日本最高配給収入記録を堅持するほど大ヒット。社会現象となった。

 この日の特別上映には、浪川のほかに、『E.T.』の宣伝担当として当時を良く知る大森淳男氏(ドリーム・アーツ代表取締役社長、元UIP映画宣伝部長)も登壇し、「全米公開から日本公開までの半年間、海外からのニュースが広まらないよう気を配り、E.T.の写真は一切出さない戦略で、期待感、飢餓感をあおった。携帯電話もパソコンもネットもSNSもない40年前だったからできたことだった」と、今では考えられないような公開当時のエピソードを明かした。

 映画館で「立ち見で見た記憶がある」という浪川は「子どもながらに感動しましたし、E.T.は本当にいるんじゃないかと思うくらい、面白い映画だと感じていました。自転車のカゴに何かを乗せて、E.T.ごっこをして遊んでいました」と当時の熱狂に思いを馳せた。

 当時、劇場での吹替版上映が一般的でない時代、子どもたちに本作を届けるため、88年にVHS化される際、初めて吹替版が作られ、テープでその声を聞いたスピルバーグ監督によりエリオット役に大抜てきされたのが、収録当時11歳の浪川だった。

 「声を吹き込んだテープを本国に送って、ボイスマッチ(オリジナルの俳優の声質と 吹替声優の声質が似ているか精査)したのが僕だったというだけだったんですけど、これをきっかけに吹替をする機会が増えた。僕にとって大きなキャリアの一つです」と懐かしんだ。

 収録時のことも鮮明に覚えているようで、「吹替あるあるなのか、子役あるあるなのか、難しかったのは、死にそうなE.T.に向かって、エリオットが『君はどこかに行っちゃうの? 僕は君のことを一生忘れないよ、死ぬまで』『E.T.愛しているよ』と言うところがあるんですけど、日本の子どもが『愛しているよ』なんて言わないじゃないですか、だから『愛しているよ』に難しさを感じていたことを覚えています。でも気持ちを込めてやらせていただきました」と、日米ギャップに子どもながら苦労したことを明かしていた。

 もう一人ゲストとして登壇したのは、劇中に登場する自転車(BMX)のメーカー、桑原インターナショナルの現社長、桑原崇氏。映画に自社商品を提供した経緯として、スピルバーグ監督が近所の子どもに声をかけてリサーチし、当時、米国でも流行していたクワハラのBMXを知ったらしい、というエピソードが披露された。

 米国の代理店から映画の撮影用に25台送ってほしいというオーダーがあっただけで、「日本で公開されるまで、どういう映画で使われているか知らなかった」そうで、当時10歳だった桑原氏は、世界的大ヒット映画屈指の名シーンに登場していても「感動はなかったです」とぶっちゃけ、「E.T.より先に乗ってました」と言って笑いを誘った。また、劇中で使用されたモデルを忠実に再現した復刻版商品「E.T.40(イーティー・フォーティ)」が2022年秋に発売されることを発表した。

■フジテレビ・土曜プレミアムで放送
『E.T.』5月14日 後9:00~11:10)

 満天に星の輝くある夜、森に囲まれた人気のない草原の空き地に不思議な飛行物体が着陸した。ハッチが開き、冷たい夜の空気の中に姿を現したのは宇宙からの訪問者たち。そして…。孤独な10歳の少年エリオットと、地球にたったひとり置き去りにされた宇宙人“E.T.”との物語が始まる…。

エリオット: ヘンリー・トーマス(浪川大輔)
メアリー: ディー・ウォーレス(駒塚由衣)
マイケル: ロバート・マクノートン(鳥海勝美)
ガーティ: ドリュー・バリモア(藤枝成子)

監督: スティーブン・スピルバーグ

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ