プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

山田杏奈、「30歳になっても必要とされる女優に」 作品続く充実感と“一途”の現在

新ドラマ『未来への10カウント』『17才の帝国』に出演する山田杏奈 (C)ORICON NewS inc.の画像

新ドラマ『未来への10カウント』『17才の帝国』に出演する山田杏奈 (C)ORICON NewS inc.

 2013年に女優デビューを果たしてから、映画やドラマで出演を重ねキャリアを積んできた山田杏奈。2022年4月から始まる新ドラマでは『未来への10カウント』(テレビ朝日系 毎週木曜よる9時~)、『17才の帝国』(NHK)と2本の連続ドラマに出演するなど、その活躍はさらに勢いを増している。21歳にして高い演技力はすでに折り紙付きだが、山田はどんな思いで俳優業と向き合っているのだろうか。

【写真】透明感あふれる白肌…窓辺にたたずむ山田杏奈

■ボクシング部員役を熱演中、準備は半年前から「運動が得意じゃないので苦労しています(笑)」

――4月14日からスタートする連続ドラマ『未来への10カウント』では、女子ながらボクシング部に入部し、男子顔負けの熱量で練習に励む水野あかりを演じていますが、どんな準備を?

山田杏奈 昨年の10月ぐらいからボクシングジムに通って練習をしています。もう半年ほど準備していますが、私は運動が得意ではないので日々苦労しています(笑)。でもあかりは“強くなりたい”という思いが強い子なので、そういう思いを胸に抱きながらお芝居もボクシングもやっています。

――ボクシングの練習をして、身についてきたなと感じる瞬間はありますか?

山田杏奈 やればやるほど難しいなと感じているのですが、ひとつの筋肉から連動させて腕を動かすと、女子でも結構力が乗るんだなということは理解できるようになりました。体幹が少し強くなったような気がしていて、ほかの体を動かすとき、効率よい方法が思い浮かぶようになりました。

――あかりという役。プロフィールを読むと、なにか謎めいたキャラクターのようですが。

山田杏奈 あかりは家庭の事情でボクシングを始めた女の子です。高校生で男子に交じってボクシングをやるということは相当な覚悟があると思うので、その辺りはあかりの芯になる部分だなと思っています。話が進むにつれて、新たなことも判明するかもしれないので、私自身もすごく楽しみにしています。

――山田さん自身も結末が分かっていないんですね。そこがオリジナル脚本の面白さなんでしょうか。

山田杏奈 そうですね。原作があると台本の先の感情までわかるので、役を作るやりやすさはありますが、いまある情報のなかでどう作っていくか……というアプローチの仕方もすごく面白いです。

――オンエアが始まると反響は気になりますか?

山田杏奈 私はSNSなどで反響を見る方なのですが、あくまで「どんな意見があるんだろう」という程度で、良い意見でも悪い意見でも、それに影響されることはあまりないですね。

■木村拓哉、満島ひかりら豪華キャストとの共演「2人とも、広い視野で作品を見ている」

――主演が木村拓哉さん、ヒロインに満島ひかりさんという豪華キャストですね。

山田杏奈 お2人とも尊敬する俳優さんなので、ご一緒できてすごく嬉しいです。特に満島さんは、「憧れの俳優は?」という質問でいつも答えていた方だったので、信じられない気分です。お2人に共通しているのは、ご自身の役割だけではなく「どうやったら作品が魅力的になるか」ということを常に考えて行動されていること。私たちにもアドバイスをくださるので、とても刺激を受けています。高校生メンバーたちも触発されて、いろいろ考えています。

――木村さんは現場でもオーラがすごいですか?

山田杏奈 はい。学生チームも、木村さんの姿を見て「おおっ」ってなっていましたね(笑)。私も最初はすごく緊張していたのですが、ボクシングについてのお話をしてくれるなど、コーチ役として目線を合わせてくださるので、スッと入ることができました。

――木村さんや満島さんのように、山田さんもシーンについて現場で監督に提案したりするのでしょうか?

山田杏奈 言い回しなどで相談することはありますが、基本的にはあまり自分からは言わないですね。でも今回木村さんや満島さんが、広い視野で作品を見ている姿を間近で感じて、私も今後そういったことができるようになればいいなと思いました。

――5月からは『17才の帝国』という連続ドラマでヒロイン・茶川サチ役を務めますね。こちらも高校生役ですが、高校生役を演じる時は「よっこらしょ」と、ギアを入れる感覚がありますか?

山田杏奈 あります(笑)。「まだ21歳なんて若いじゃない!」と言われるかもしれませんが、やっぱり現役高校生の出す雰囲気とは違うと思っていて。『17才の帝国』で演じるサチは、“高校生の若さ”を持っているキャラクターなので、気合を入れて演じました。

――ギアを上げるとき、なにか意識することはありますか?

山田杏奈 練習として、早口でしゃべってみたりします(笑)。電車の中などで高校生が話しているのを見かけると、すごく会話のスピードが速いんですよね。でも頭でそう考えている時点で、すでに“作り物”なんですけどね(笑)。

――『17才の帝国』の脚本は数々のアニメ作品を手掛けていた吉田玲子さんですが、演じていて特徴を感じることはありますか?

山田杏奈 作品の設定がSFなので、非日常感をとても感じます。セリフもアニメっぽさを感じるので、サチのテンションとか動きとか、普段よりはアニメというキーワードを意識しているような気がしますね。

■芝居は相手と対峙すること「想像もし得なかった感情が出た瞬間が、本当に楽しい」

――10年近くお芝居を重ねてきて、向き合う姿勢は変わってきましたか?

山田杏奈 正直言うと、最初のころは習い事感覚でやっていたところもありました。「将来の夢は?」と聞かれて「俳優さんになりたい」って答えていましたから(笑)。でもいまは、生活するための仕事という感覚になっています。そういう感覚が強くなるにつれて「自分ができることをしっかり出さなければ」という責任感と、魅力的な俳優がたくさんいるなか、「自分はどんなことができるのだろうか」ということを、より考えるようになりました。

――気持ちが変わったきっかけはあったのでしょうか?

山田杏奈 一番大きく変わったのは、もともと通っていた高校から、芸能コースのある学校に移ったときです。大学進学も考えて普通の高校に入学したのですが、「この仕事をしていきたい。ここで生きていくんだ」という覚悟で退路を断つために転入したというか……。そこで大きく気持ちが変わったと思います。

――映画やドラマで主演を務める機会が増えるなど、順調にキャリアを積んでいるように感じられますが、ご自身の評価は?

山田杏奈 同世代の人もたくさんいて、自分が秀でているという実感もまったくないんです。どこかで違うステージに行かなければという思いもありますが、だからといって焦っているわけでもなく……。いまできることは、ひとつひとつ丁寧に作品を重ねていくことかなと思っています。

――違うステージというのは?

山田杏奈 知名度だったり、賞をいただいたり…、評価っていろいろあると思うんです。もちろんその辺も意識してないと言ったら嘘になりますが、私がいま一番大切にしているのは、「30代になっても女優業を続けていたい」という思いです。ずっと必要とされる女優さんでありたいという気持ちは強いですね。

――ご自身が考える、俳優としての“いま”の魅力は?

山田杏奈 そこまではっきりと「これです」というのは思い当たらないのですが、いまドラマと映画をとてもバランスよくやらせていただいているので、ドラマならではの表現、映画での表現を自分なりに考えながら演じているつもりです。そういった表現方法というのは、どんどん自分の引き出しに貯めていければなと思っています。

――山田さんがお芝居をしていて楽しいなと感じる瞬間は?

山田杏奈 自分だけではできないお芝居ができたときですかね。お芝居って相手と対峙することで、いろいろな感情が生まれると思うのですが、自分で想像もし得なかった感情が現場で出た瞬間は、本当に楽しいなと思います。いまの『未来への10カウント』の現場も、そういう瞬間を経験できて、とても楽しいです。

――30歳まで約10年、どんな時間を過ごしたいですか?

山田杏奈 たくさん作品を重ねていきたいし、いろいろなことを経験して人間力を上げることもしたいですね。いつか大きな選択を迫られることもあると思うので、自分がこうなりたいと思う人生を大切にできるように準備したい…というのは、意識しています。

取材・文/磯部正和

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ