プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

ヤクルト・つば九郎、コロナ濃厚接触で連続2000試合の夢が途絶える「もうしわけなくなさけない」

つば九郎 (C)ORICON NewS inc.の画像

つば九郎 (C)ORICON NewS inc.

 プロ野球・東京ヤクルトスワローズは21日、マスコットキャラクター・つば九郎とつばみが新型コロナ感染者の濃厚接触者に該当する疑いがあるとして、22日~24日の3試合の出演を自粛すると発表した。

【写真】つば九郎にフリップで叩かれる磯野貴理子

 つば九郎も自身のブログで「ついにことし、もくひょうだった、しゅさいじあいれんぞく2000しあいたっせい、もくぜんでしたが、かんせんしょうたいさく、のうこうせっしょくに、がいとうしてしまいまして、あすからのしあいを、ほけんじょのしじにしたがい、じしゅかくり、おやすみをすることになりました」と報告。

 誰のせいでもなく自分の行動に甘えがあったせいだとし、「ながいあいだ、おおくのかたに、ここまでささえていただき、そのきたいにこたえられず、ほんとうに、もうしわけなくなさけない、ごめんなさい」と謝った。

 体調については「いぜんとかわらずげんきです。きもちがまだついてきてませんが・・・・・」とし、「れんぞくしゅつじょうは、だんねんですが、つうさん2000しあいにむけまたしあいにでれるようになるまで、おまちください」と記した。

 また、引き続き来場するファンに向けて感染対策の徹底をうながした。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ