プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

生稲晃子、美容業界を牽引する『株式会社田谷』社外取締役就任へ「さまざまな助言や提案を」

生稲晃子の画像

生稲晃子

 俳優の生稲晃子(53)が、美容室チェーンを展開する『株式会社田谷』(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:保科匡邦)の社外取締役への就任が内定した。21日に同社が発表した。6月に行われる株主総会での決議を受けて正式に就任予定となる。

【写真】”絶対領域”披露でAKB48とコラボする生稲晃子

 同社は「昨年より女性役員の登用を検討する中で、女優として活躍される一方、国が推進するさまざまなプロジェクトへの参画やカウンセラー資格を活かし、幅広く活動をされており、これらの経験と優れた人格、見識を有している同氏に、社会貢献の観点から助言をいただくことのほか、消費者としての観点からも助言をいただけるものと判断し、監査等委員である社外取締役候補者といたしました」と説明した。

 生稲は「この度、社外取締役に就任させていただくことになりました生稲晃子です。長年、美容業界を牽引されてきた田谷さんとの出逢いに胸を躍らせています」と喜び「これまでの芸能活動や政府の仕事から得てきた、人と人との触れ合いの大切さを基本に、美容室の利用者として、また女性の立場からの視点で、さまざまな助言や提案をさせていただきたいと思っております。皆様、どうぞよろしくお願いいたします」とコメントしている。

 生稲は、1968年4月28日生まれ。86年「おニャン子クラブ」のメンバーとしてデビュー。2016年内閣官房『働き方改革実現会議/働き方改革フォローアップ会合』民間議員就任。17年厚生労働省『がん対策推進企業アクション』アドバイザリーボードメンバー就任。19年内閣府『DV等被害者のための民間シェルター等に対する支援の在り方に関する検討会』委員就任。2020年がん対策推進企業アクション女性会議『Working RIBBON』オフィシャルサポーター就任。2021年日本推進カウンセラー協会認定認知行動療法士資格を取得している。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ