プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

映画『バブル』志尊淳、アフレコで試行錯誤 恋愛感情が生まれるアクション秘話

カラースクリプト資料の一部=オリジナルアニメーション映画『バブル』(5月13日公開、NETFLIX版は4月28日世界配信) (C)2022「バブル」製作委員会の画像

カラースクリプト資料の一部=オリジナルアニメーション映画『バブル』(5月13日公開、NETFLIX版は4月28日世界配信) (C)2022「バブル」製作委員会

 アニメ『進撃の巨人』の荒木哲郎監督と、『君の名は。』『天気の子』『竜とそばかすの姫』などの川村元気プロデューサーのタッグによる完全オリジナルストーリーのアニメーション映画『バブル』(アニメーション制作:WIT STUDIO)。本作の誕生秘話をスタッフ・キャストのインタビュー、メイキング映像を交えてひも解く動画「Making of バブル」第2回【アクション編】が公開された。あわせて、極上の色彩で荒廃した東京の街並みをバックに、ヒビキとウタの姿を描いたカラースクリプト資料の一部も解禁となった。

【動画】映画『バブル』“Making of バブル”〈アクション編〉

 本作は、『進撃の巨人』を手がけたWITSTUDIOが“お家芸”であるアクション表現をとことん突き詰め、圧巻のパルクールアクションで観る者をスクリーンに没入させる。その中でも繊細に描かれるのは、「にんぎょ姫」の物語をモチーフに作られたヒビキとウタの美しくも儚(はかな)いピュアなラブストーリー。

 「Making of バブル」第2回【アクション編】では、本作のメガホンをとった荒木監督と、企画・プロデューサーの川村元気による対談映像に加え、主人公・ヒビキの声を演じた志尊淳のアフレコ密着映像も初披露。そして、劇中でヒビキとウタが心を通わせる〈恋愛感情が生まれるアクション〉についても言及している。

 “重力が壊れた東京を舞台に駆け回るパルクールアクション”は荒木監督とWITSTUDIOがこれまで積み重ねてきた〈アクションの魅せ方〉の集大成と呼べる仕上がり。川村プロデューサーは数あるアクションシーンの中でも、主人公のヒビキとヒロインのウタが見せるパルクールアクションについて、〈アクションの中で恋愛感情が生まれる表現〉が非常にユニークだと感じたようだ。「アクションの中で恋愛感情が生まれる。体が躍動していく中で、“2人の気持ちが通じ合っていく“という表現ができる監督は、荒木監督以外いないだろうなと思いました」と手腕を絶賛。

 荒木監督は「パルクールは『進撃の巨人』などでも、普段から参考にしていたので、もう一段”本格的“に踏み込んで参考にしようと思いました」と振り返り、プロのパルクールアーティストであるZENに協力を仰いだと語っている。

 そんな、本作のアクションシーン制作参加した、国内外で活躍するパルクールアーティストのZENは「ウタは動物のような自然とその動きが必要だからやっているのに対して、ヒビキはものすごく努力して動きを突き詰めてコントロールしている。そういうベクトルが違うところがすごく上手に表現されていたと思います」と完成された映像を観て絶賛のコメントを残しており、人物によって動きを変えながら、身体の動きなどリアリティにこだわったZENのパルクールと荒木監督の圧倒的画力で、東京の街を疾走する少年たちが描かれていく。

 さらに、主人公・ヒビキを演じる志尊もパルクールのシーンでさまざまな工夫があった。荒木は「志尊さんは“体を動かしたほうがよりリアルなお芝居が引き出せる”といって、跪いてみたり、マイクを下に置いてみたりといった、普段のアニメアフレコではやらないような、身体で芝居できるような環境を作ってくれました」と志尊のヒビキを演じることへの熱い想いをアフレコ現場で感じたと語っている。

 一方で、本作のヒロインのウタにりりあ。を抜てきした理由について、川村は「ウタは “人間らしさを取得していく”キャラクターなので、映画を通じてお芝居というものを習得していくドキュメンタリズムを持ち込めないかと思っていました」とりりあ。とウタのキャラクターが川村と荒木の中で合致し、オファーに至ったと語っている。

 最後に川村は「“日本のアニメーション監督を世界に紹介していきたい“というものが自分の中にあって、映画で世界とコミュニケーションをどうやってとろうかと思った際に、荒木哲郎監督の才能を世界に広めたいという気持ちがあった」と本作にかける思いを吐露した。

 そして荒木監督は「今までになかった感触として”甘やかな寂しさや心がヒーリングされる”ような感触で映画館を出ていただけたらなと思っていて、“自分からこういう作品が生まれる時が来るんだな“と思っています」と完成された作品への自信を口にしている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ