プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『with』連載「わたしが27歳だったころ。」書籍化 時代をつくる女性25人のヒストリーが一冊に【冒頭全文公開】

『With』別冊本『わたしたちが27歳だったころ』の発売が決定の画像

『With』別冊本『わたしたちが27歳だったころ』の発売が決定

 ファッション誌『with』(講談社)で連載されていた「わたしが27歳だったころ。」をまとめた書籍『わたしたちが27歳だったころ 悩んで、迷って、「わたし」になった25人からのエール』が、22日に発売される。

【写真】ショーパン×ブーツで“絶対領域”を披露する山口智子

 本書に登場するのは、俳優、映画作家、脚本家、宇宙飛行士、映画字幕翻訳者、ドラマプロデューサーなど、さまざまな職業で活躍する25人の女性たち。27歳だった頃、何に悩み、どんな生き方を選択し、今何を思うのか――。時代を作り、活躍する女性たちが語る「わたし」ヒストリーを一冊にまとめた。

 3月発売の5月号で定期刊行が終了となったが、40年以上にわたり「働く20代」に寄り添い、応援し続けてきた『with』から、働く女性たちへの最後のエールとなる本書について、ORICON NEWSでは6日間にわたって一部誌面を公開する。

 第1弾は、本書への思いがつづられた冒頭の「はじめに」と「目次」。

■『わたしたちが27歳だったころ 悩んで、迷って、「わたし」になった25人からのエール』
・はじめに

雑誌withの連載『わたしが27歳だったころ。』がスタートしたきっかけは、読者層の平均年齢が27歳だったことにあります。私たち編集部員も20代後半は迷いが多かった記憶があり、現在さまざまな分野で活躍する先輩方に当時の話を聞くことで、読者の背中を押すことができるのではないか、と。そう考えて始まった連載では、それぞれの言葉で、「キツかった」「苦しかった」「失敗続きだった」と、社会人になって初めての大きな挫折が、20代後半に訪れていたことが語られました。でも、それでも前向きに生き、その経験一つ一つを大事にしている姿がありました。
 西洋占星術には、「28歳成人説」というものがあるそうです。西洋の星占いは、人が生まれ落ちた瞬間の星の配置を基準に、その人がどんな使命を背負い、どんなタイミングで試練がやってくるかなどを読み解く、一種の統計学のようなものです。今自分がどの方向に進むべきか、何を選択すれば、未来がどう変わるのか、等々……、星が教えてくれるものは全て、決定事項ではなくあくまでサジェスチョン。だから、星占いに頼るときは、まず、「自分がこの先どうしたいか」「自分は何が好きなのか」を明確にする必要があるのです。
 そして“28歳が成人”と言われるのは、土星が、約28年かけて太陽の周りを一周するからだとか。占星術における土星の役割は、要所要所でその人の人生を豊かにするための“課題”を与えること。27歳という年齢が、ほとんどの人にとって生きづらい時期なのは、成人一歩手前の、最終課題をクリアするタイミングだからなのかもしれません。
 「豊かな人生」の定義は人それぞれ。何の障害にもぶち当たらない、最後までイージーゴーイングな人生などたぶん存在しないし、本書を読めば、先輩たちのほとんどが、27歳前後で大きな壁にぶつかり、選択を迫られ、焦ったり迷ったりしていることもわかります。だからこそ誰もが“みっともない自分”を曝け出しながら、それを大人の余裕で笑い飛ばし、「私も同じだったよ。頑張って!」とエールを送ってくれたことが、救いのように感じられるのです。自分たちの経験が少しでも誰かの役に立つように─。惜しみない愛情を持って、自分の挫折や失敗談を語ってくれたその姿には、取材する私たちも毎回、胸が熱くなってしまう瞬間がたくさんありました。
 25人の豊かな経験の中には、年齢や職業、性別にかかわらず、心の底から共鳴できる言葉や生き方が、きっと見つかるはず。この本が、人生という旅の途中で、「本当のわたし」や「本当の幸せ」を探すためのガイドのような役割を、果たしてくれることを願っています。

2022年4月 with編集部 

・目次

俳優
菅野美穂 「“焦ってよかった”と思えるまで、走り続けて」

俳優
永作博美 「20代は、選択する力を養う修行の時間なんだと思う」

映画作家
河瀨直美 「自分が自分らしく居られる場所を掘り下げて」

脚本家
野木亜紀子 「夢やビジョンがなくたって、人生はまだまだこれから」

俳優
紅ゆずる 「立ち向かわずに凌ぐだけでも、大丈夫」

俳優
吉瀬美智子 「取り柄がないと思うなら、明確な目標を立てること」

タレント・俳優
優香 「“ここしかない”、“これしかない”って、思い込みかも」

フジテレビアナウンサー
佐々木恭子 「カッコ悪くても、愚直に行けば想いは届く」

俳優
吉田羊 「20代の自信に、根拠なんかなくていい」

俳優
大竹しのぶ 「自分が大事にしたいものを、信じてさえいれば」

脚本家・映画監督
北川悦吏子 「休むことだって、誠実に生きるということ」

宇宙飛行士
向井千秋 「人の命は有限。“後悔先に立たず!”で挑戦を」

漫画家
海野つなみ 「ボール球も時代が変わればストライクになる」

俳優
山口智子 「試練に立ち向かった日々は、新たなチャレンジの力になる」

漫画家
安野モヨコ 「乗り越えた分だけ、できることが増えていく」

夏木マリ 「本気で動けば、可能性はグンと広がる」

俳優
風吹ジュン 「経験が少ないときほど自分の感覚を大切に」

漫画家
大和和紀 「ピークはこれから。20代は、地道に努力してみて」

元厚生労働事務次官
村木厚子 「仕事と育児の両立が辛いなら、借りを作る時期があってもいい」

俳優
長谷川京子 「1日1日を乗り越え続けると、自由な世界が広がっていく」

アーティスト
倖田來未 「全力を出し切ったら、自分を労うことを忘れずに」

ドラマプロデューサー
新井順子 「仕事も人間関係も、まずは面白がることから」

映画字幕翻訳者
戸田奈津子 「目標の近くに居れば、夢は叶う」

劇作家・小説家
本谷有希子 「今抱えているコンプレックスは、無理に解消しないで」

衆議院議員
野田聖子 「真面目に頑張り過ぎずに、“ふつう”の願望を叶えよう」

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ