プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

日向坂46、ドキュメンタリー映画第2弾が7・8公開 東京ドーム公演までの道のりに密着

『日向坂46 ドキュメンタリー映画第2弾(仮)』の公開が決定の画像

『日向坂46 ドキュメンタリー映画第2弾(仮)』の公開が決定

 アイドルグループ・日向坂46のドキュメンタリー映画『日向坂46 ドキュメンタリー映画第2弾(仮)』が、7月8日に公開されることが決定した。2020年公開の前作『3年目のデビュー』に続き製作された本作は、2019年に発表されたメンバーの念願であった東京ドームライブまでの道のりに密着したドキュメンタリー作品となる。

【写真32点】小坂菜緒が東京ドームでステージ復帰 同期と手をつないで笑顔も

 2022年3月30・31日。東京ドームで3周年記念ライブを開催した日向坂46。東京ドームでの初ライブ発表から、コロナ禍による延期を乗り越え、念願の開催に至るまでの2年間を徹底取材。グループとメンバー22人が辿った、知られざる道のりを伝える。

 2019年12月。グループ恒例のクリスマスライブにて、一年後の東京ドーム公演がサプライズで告知された。夢に見た場所でのライブの開催を、メンバーとおひさま(日向坂46 ファンの呼称)が同時に知り、涙ながらに喜びを分かち合った。しかしその後、状況は一変。コロナ禍による活動の制限と環境の変化。体調不良によるメンバーの相次ぐ離脱。中には、慣れない立ち位置によるプレッシャーに押しつぶされ、自分を見失ってしまうメンバーも。

 さらに、誰にも負けないチーム力を誇ってきた日向坂46に、個々の価値観や考え方に少しずつズレが生じ、定評のあるライブパフォーマンスは納得のいかない出来に。大きな目標を前に、グループ内に不満や不安が充満。メディアで見せるキラキラした姿とは違い、その中心部、彼女たちが掲げてきた“ハッピーオーラ”に、薄暗いもやがかかり始めていた…。

 前作の制作チームが手掛ける、日向坂46のドキュメンタリー映画第2弾。東京ドームでのライブを目標に歌い続けてきた彼女たちの楽曲「約束の卵」。その歌詞の中で“約束の彼の地”として夢に見てきた場所にたどり着くまでの道のりには、何度も雨に打たれながらも、絶対に諦めることなく、再び一つになり、大きな虹がかかる景色を目指した22人の戦いがあった。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ