プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

TBS「地球を笑顔にするWEEK」第4弾 キャンペーン大使は杏、川島明(麒麟)、井上咲楽、国山ハセン【コメントあり】

TBS「地球を笑顔にするWEEK」第4弾 キャンペーン大使は杏、川島明(麒麟)、井上咲楽、国山ハセンの画像

TBS「地球を笑顔にするWEEK」第4弾 キャンペーン大使は杏、川島明(麒麟)、井上咲楽、国山ハセン

 TBSでは、5月2日から8日の7日間にわたって「SDGs(持続可能な開発目標)ウィーク」としてSDGsの全社プロジェクト「地球を笑顔にするWEEK」の第4弾を実施。キャンペーンを牽引する大使を、杏、川島明(麒麟)、井上咲楽、国山ハセンアナが務める。加えて17の目標を掲げるSDGsに合わせて、17人のTBSアナウンサーも大使を務め、キャンペーンを盛り上げていく。

【画像】「世界を笑顔にする広場」ロゴ

 一昨年、日本の民放各局に先駆けて初めて開催し、TBSテレビ、TBSラジオ、BS-TBS、CSのTBSチャンネル各社、各番組が参加。さらに、TVer、YouTube、SNSなど配信でも展開するなど、ALL TBSで取り組んでいる「地球を笑顔にするWEEK」。今回も世界、そして日本で進むSDGsの取り組みなどを紹介する。テーマは引き続き「やってみようよ、SDGs」。SDGsを「自分ごと」にして、一緒に解決を目指しましょう、と呼びかける。

 今回の発表を受けて、アンバサダーがコメントを寄せた。

■杏
私自身もまだ全部は把握、実践できているわけではないSDGsを、大使に任命していただいたことを通して、少しでもより良い未来を作っていく一端を担えたらと思いますし、そういったメッセージをみなさまにお伝えできればいいなと思います。

■川島明(麒麟)
「大使」ということですが、やりながら勉強していくこともとても多いと思います。(肩書が)堅苦しく聞こえちゃうかもしれないんですが、僕は分からないなりにもいろんなことを勉強していきたい、という代表だと思って引き受けさせていただきました。身近なことから1つずつ生活を変えていきたいなと思っています。

■井上咲楽
最近SDGsという言葉が流行ってきて、私のSNSや実家の生活を見て「SDGs的な生活」と言ってもらえることが多く、小さな頃からやっていたことだったので自覚はなかったんですが、今回改めて日常生活でやっているSDGsを発見したりしています。あとはいろんな目標があるので、世界のSDGsとかそういうものに目を向けていけたらいいなと思います。やってあげている・やらされているSDGsじゃなくて、自然にできるSDGs、みんなが気持ちの良いSDGsを私は発信していけたらいいなと思います。

■国山ハセンアナウンサー
TBSが社をあげて取り組むSDGsキャンペーンの大使として、SDGsへの意識をより一層高めなければいけないなと感じています。今、SDGsという言葉は浸透してきているなと実感しています。大きなテーマに感じるかもしれませんが、気軽に出来るものも沢山あります。どんな目標や課題があるのかを知り、私たちひとりひとりが行動し持続することが大切だと思います。SDGsキャンペーンでは、さまざまな取り組みをお伝えします。これを機会に一緒にアクションを起こしましょう!

17人のTBSアナウンサー
安住紳一郎、井上貴博、宇内梨沙、日比麻音子、喜入友浩、山形純菜、山本里菜、宇賀神メグ、田村真子、良原安美、近藤夏子、篠原梨菜、齋藤慎太郎、野村彩也子、小沢光葵、佐々木舞音、高柳光希

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ