プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

映画動員ランキング:『名探偵コナン』1位初登場 2位『ファンタビ』興収21億円突破

『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』(公開中)(C)2022 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会 の画像

『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』(公開中)(C)2022 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会 

 最新の全国映画動員ランキングトップ10(4月16日・17日、興行通信社調べ)が発表され、『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』が土日2日間で動員96万6000人、興行収入13億8400万円をあげ、初登場1位となった。公開初日の15日を含めた3日間の累計では動員132万人、興収19億円を超え、オープニング成績としては、最終興収93.7億円を記録したシリーズ歴代No.1ヒット作である2019年公開の劇場版23作目『名探偵コナン 紺青の拳』の101%という大ヒットスタートとなった。

【画像】2位以下にランクインした作品ビジュアル

 初日アンケートの結果も非常に高い満足度が示されており、GWに向けさらなる高稼働が期待される。青山剛昌による原作コミックは記念すべき101巻に到達し、累計発行部数は全世界2.5億部を突破。テレビアニメシリーズも放送1000回を突破するなど、ますます勢いを増している大ヒットシリーズの劇場版25作目は、ハロウィンシーズンの渋谷を舞台に、コナン達と正体不明の仮装爆弾犯との攻防が描かれる。声の出演は高山みなみ、山崎和佳奈、小山力也、古谷徹ほか。監督は『ハイキュー!!』シリーズを手がけてきた満仲勧が務めている。

 先週、2日間で10億円超の首位スタートを切った『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』は、この土日2日間に動員33万1000人、興収5億300万円をあげ2位にランクイン。累計では早くも動員140万人、興収21億円を突破している。

 3位は、公開から5週目を迎えた『SING/シング:ネクストステージ』で土日2日間で動員8万4000人、興収1億1100万円。累計では動員218万人、興収27億円を突破した。

 公開から7週目を迎えた『ドラえもん のび太の宇宙小戦争 2021』は4位に踏み止まり、累計で動員206万人、興収24億円を突破。同じく公開から7週目となる『余命10年』が、累計動員212万人、興収27億円を突破して5位。

 先週圏外となってしまった『劇場版 呪術廻戦 0』は、今週再び10位にランクイン。歴代興収ランキング18位、累計で動員960万人、興収134.6億円を突破している。

■全国映画動員ランキングトップ10(4月16日・17日)
1(NEW)名探偵コナン ハロウィンの花嫁(公開週1)
2(1↓)ファンタスティックビーストとダンブルドアの秘密(2)
3(2↓)SING/シング:ネクストステージ(5)
4(3↓)映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争2021(7)
5(5→)余命10年(7)
6(4↓)おそ松さん(4)
7(7→)とんび(2)
8(6↓)チェリまほ THE MOVIE ~30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい~(2)
9(8↓)モービウス(3)
10(-)劇場版 呪術廻戦 0(17)
※11(10↓)ドライブ・マイ・カー(35)

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ