プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

【ちむどんどん】大森南朋、父・賢三役に込めた思い「ブレない父親でいたい」

連続テレビ小説『ちむどんどん』に出演した大森南朋(C)NHKの画像

連続テレビ小説『ちむどんどん』に出演した大森南朋(C)NHK

 女優の黒島結菜がヒロインを務める、NHK連続テレビ小説 『ちむどんどん』(月~土 前8:00 総合/前 7:30 BS4K・BSプレミアム※土曜日は1週間の振り返り)。父・賢三を演じる大森南朋のコメントが到着した。

【キャスト相関図】黒島結菜、川口春奈ら…登場人物の関係をおさらい

 本作は今年で本土復帰50年となる沖縄が舞台。ヒロイン・黒島結菜は、豊かな自然に恵まれた「やんばる地方」のサトウキビ農家の次女として育つ比嘉暢子(のぶこ)を演じる。物語は、本土復帰前の1960年代からスタート。本土復帰となった1972年に高校を卒業した暢子は、東京へ。レストランで修行に励む中、人生を変える人々との出会い、そして運命の恋。愛する沖縄料理に夢をかけるヒロインと強い絆で結ばれた4兄妹の笑いと涙の「家族」と「ふるさと」の物語が描かれる。

――比嘉賢三という人物を演じるにあたって。
苦労人でもある賢三は、昔かたぎで筋の通った人。まさに昭和のお父さんという感じなので、心の中には「ブレない父親でいたい」という気持ちがあるのではないかと思っています。ただやっぱり人間ですから、何かしらのブレは必ず生まれるはず。そんな細かな感情を、お芝居で表現していければと。

ふだんはあまり役作りをしないんです。でも今回はセリフが沖縄ことばかつ、沖縄の伝統楽器である唄三線を愛するという役どころでしたので、4ヶ月くらい練習を重ねてから撮影に臨みました。

――劇中で唄三線を弾きながら沖縄民謡を歌うシーンがありますが、 苦労したところは?
もともと沖縄民謡が好きでよく聞いていたので、演じていてもなじみ深かったですし、練習を含めて楽しい時間でした。ただ、三線を弾きながら歌うのには、結構苦労しました。お芝居の最後に弾くシーンは本当にドキドキして、なかなかうまくできなくて。特に『唐船ドーイ』という物語のキーになる曲が、速弾きなのもあり一番難しかったです。

撮影ではご迷惑をおかけしまして…。何度もやり直していたら、子役の歌子(布施愛織)が「頑張れお父ちゃん!」って応援してくれました(笑) 。そんなプレッシャーもありながら、比嘉家のみんなと演じるうちに賢三という役が出来上がっていったと思います。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ