プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

『ガンダム ククルス・ドアンの島』レビル将軍やマ・クベの設定画が解禁 古谷徹&武内駿輔&安彦監督の特別映像

映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』に登場するキャラクター (C)創通・サンライズの画像

映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』に登場するキャラクター (C)創通・サンライズ

 『ガンダム』シリーズの最新作となる映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』(6月3日公開)。特別映像、キャラクター設定画、メカ設定画が新たに解禁となった。

【画像】『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』に登場するモビルスーツたち

 今回、解禁された特別映像は、新たな劇中シーンや、3月9日に行われた“ザクの日スペシャル会見”の様子が。『機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙』の劇場公開から40年の時を経て、再びアムロ・レイの声を演じる古谷徹は「40年ぶりに15才のアムロを演じることができて、こんなにうれしいことはない!」と、ガンダムとアムロの物語がスクリーンに舞い戻るうれしさをアムロの名言と共に表現。また、ククルス・ドアン役の武内駿輔は、最新のアニメーション技術を駆使した本作に対し、「2D、3Dがどっちもあることによって生まれる熱量みたいなものを感じ取ることができましたね」と絶賛。安彦良和監督は「愛があふれている部分が随所にあります。それをお楽しみいただければと思います」とほほえんでいた。

 続く映像には、『機動戦士ガンダム』(ファーストガンダム)を当時見ていたファンには懐かしさが込み上げるようなホワイトベースクルーの仲睦まじいひと場面や、先日解禁された映画版の新要素であるドアンと一緒に暮らす子供たち20人の姿が収められ、長年にわたって愛されてきたガンダムの歴史を感じさせつつ、安彦監督にしか作れないガンダムの世界観を味わうことができる仕上がりとなっていることが見える。

 最後に安彦監督は「思い残すことはないので、ガンダムを映像で作るのは、これが最後」とコメントを残している。

 あわせて、新たにアムロ・レイが属する地球連邦軍と、ククルス・ドアンが過去に属していたジオン公国軍のそれぞれのキャラクター設定画と、メカ設定画を解禁。物語の展開に欠かせない重要なキャラクターとなっている。

■設定画に登場するキャラクター&メカ
・ヨハン・イブラヒム・レビル(CV:中博史)
 地球連邦軍の将軍。ゴップ元帥の指揮下となったホワイトベース隊を北方方面軍へ編入させるよう要請した。

・ゴップ(CV:楠見尚己)
 地球連邦軍元帥。ジブラルタル攻略のためにラ・グランパ艦隊を率いてマ・クベ将軍との交渉を行う。ホワイトベース隊は彼の指揮下にある。

・エルラン(CV:白熊寛嗣)
 地球連邦軍所属。階級は中将。

・参謀(CV:小西克幸)
 大反抗作戦に携わる参謀。ブライトに高圧的に接し、命令を振りかざす。

・マ・クベ(CV:山崎たくみ)
 ジオン公国軍の将軍。策士で、密かにある計画を発令する。

・ウラガン(CV:保村真)
 マ・クベの副官。マ・クベにポイントCAの異変を指摘されたため、モロッコ戦線のサザンクロス隊を派遣する。

・RX-77-02 ガンキャノン
 地球連邦軍の人型機動MS。カイ搭乗機にはキャノン砲、ハヤト搭乗機にはスプレーミサイル・ランチャーがそれぞれ装備されている。

・RGM-79 ジム
 地球連邦軍の量産型主力MS。スレッガー機はアムロ捜索のためにセイラの搭乗するコア・ブースターと共に出撃する。

・ホワイトベース
 ブライトが艦長を務めるアムロ達の母艦で、ジオン兵からは「木馬」と呼ばれている。

・ガンペリー
 地球連邦軍の中型輸送機。機体中央にあるコンテナに最大2機の搭載が可能となっており、モビルスーツを空輸する。

・コア・ブースター
 地球連邦軍の戦闘機。セイラが搭乗し、スレッガーのジムを乗せて出撃する。

・ゴップ専用艦(ラ・グランパ)
 ゴップ元帥が座乗する巨大航空母艦。

・ファット・アンクル
 ジオン公国軍が運用している巨大輸送機。サザンクロス隊のモビルスーツを運ぶのにも運用されている。

・ルッグン
 ジオン公国軍の偵察哨戒機。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ