プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

歌劇『桜蘭高校ホスト部』開幕 須王環役の小松準弥が意気込み「必ず特別な日にしてみせます!」

歌劇『桜蘭高校ホスト部』に出演する(左から)加藤将、小西詠斗、山内優花、小松準弥、里中将道、二葉勇、二葉要(C)葉鳥ビスコ・白泉社/歌劇『桜蘭高校ホスト部』製作委員会の画像

歌劇『桜蘭高校ホスト部』に出演する(左から)加藤将、小西詠斗、山内優花、小松準弥、里中将道、二葉勇、二葉要(C)葉鳥ビスコ・白泉社/歌劇『桜蘭高校ホスト部』製作委員会

 歌劇『桜蘭高校ホスト部』の東京公演が15日、天王洲 銀河劇場で開幕した。

【写真】『桜蘭高校ホスト部』のイメージにぴったりなゲネプロ

 ゲネプロを行った須王環役の小松準弥は「多くの方に愛されてきた『桜蘭高校ホスト部』の世界を『歌劇』『舞台』で表現させていただけること、とても光栄に思います。この舞台を通してさらに『桜蘭高校ホスト部』の輪が広がっていきますように、と願いを込めて、全身全霊で臨みたいと思います」と意気込み。「環にとってホスト部がどれだけ大切でかけがえのない存在なのか、ぜひ注目して見ていただけたらと思います。また、きっといろいろな表情の環を見ていただけると思いますので、そちらもお楽しみに!」と役の見どころを口にした。最後に「今日という日がみんなにとって、僕たちにとって、特別なひと時になりますように。いえ、必ず特別な日にしてみせます!」と甘い一言を添えていた。

 そのほか、鳳鏡夜役の里中将道、常陸院光役の二葉勇、常陸院馨役の二葉要、埴之塚光邦役の小西詠斗、銛之塚崇役の加藤将、藤岡ハルヒ役の山内優花も参加した。

 東京公演は23日まで、大阪公演は1月29日、30日にメルパルクホール大阪にて上演。また、東京公演の千秋楽となる23日の午後5時からの公演、大阪公演の大千秋楽となる30日の午後5時からの公演はライブ、アーカイブ配信も実施する。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ