プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

成田凌演じる天才医師が“無実の罪”で転落 『逃亡医F』第1話あらすじ公開

15日放送『逃亡医F』に主演する成田凌 (C)日本テレビの画像

15日放送『逃亡医F』に主演する成田凌 (C)日本テレビ

 俳優の成田凌が主演する、日本テレビ系連続ドラマ『逃亡医F』(毎週土曜 後10:00)第1話が15日よりスタートする。成田は今作でプライムタイム(午後7時から11時台)連続ドラマで初主演。このほど、第1話のあらすじ・場面カットが到着した。

【写真】ドラマ『逃亡医F』クランクイン!極寒の船上ロケに挑んだ成田凌

 原作・伊月慶悟氏、作画・佐藤マコト氏による原作コミック(J コミックテラス刊)を実写化。恋人殺しの濡れ衣を着せられ、逃亡する主人公の天才外科医・藤木圭介(成田)に残されたのは医師としてのプライド、超一流の技術、そしてわずかな手術道具だけ。極限の逃亡生活の中で遭遇する「彼にしか救けられない患者」たち。追手が迫り来るなか、それでも彼は目の前の命に手を差し伸べる…。

■第1話あらすじ

 藤木圭介はその日、同僚で恋人の研究医・八神妙子(桜庭ななみ)を屋上から突き落としたという“無実の罪”を着せられ、将来をしょく望される天才脳外科医から一転、警察に追われる殺人犯へと転落した――。妙子の兄で元自衛官の拓郎(松岡昌宏)は、捜査情報を不正に手に入れると、異常なまでの復讐心で藤木を追う。

 そんな中、指名手配された藤木は『鳴海健介』と名乗り、ある人物に会って話をきくため、海洋観測船にアルバイトとして搭乗。しかし、先輩観測員の美香子(森七菜)に、正体を気づかれてしまう…。じわじわと追っ手が迫るなか、船上で、美香子が重傷を負う事故が発生。逃げるのか、助けるのか…手術道具の少ない過酷な船上で、藤木は自分にしか助けられない患者を前に、医師としての決断を迫られる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ