プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

野村周平、ドリフト挑戦で大興奮「手を抜かずに納得できる絵が撮れた」

ドリフト挑戦で大興奮の野村周平(中央)(C)ORICON NewS inc.の画像

ドリフト挑戦で大興奮の野村周平(中央)(C)ORICON NewS inc.

 俳優の野村周平、吉川愛、陣内孝則、青柳翔、福山翔大、元レーシングドライバーの土屋圭市氏、下山天監督が14日、千葉・幕張メッセで行われた映画『ALIVEHOON アライブフーン』(初夏公開)製作発表イベントに登場した。

【集合ショット】吉川愛も登壇!『ALIVEHOON』豪華キャスト&制作陣

 同作は、ゲーマーがリアルドリフトの頂点を目指すストーリー。内向的な性格で人付き合いが苦手だが、ゲームだけは驚異的な才能を放つゲーマー・大羽(野村)は、実車でもその力を発揮する。そんな彼の前に生死をかけてレースに挑む者たちが現れて…。ドリフトキングの土屋氏が監修・出演、世界トップレーサーたちの実走出演で、CGゼロのカースタントたちによる迫力の映像を見ることができる。

 撮影はドローンやカメラなど多数壊れたそうで、下山監督は「真剣にリスクを背負わないと映像が撮れないので、リアルな映像ができました」と説明しながら出来栄えに満足気。

 映画でドリフトに挑戦した野村は「貴重な経験でしたし、車をぶつけた福山君がいたので、それを見ていて楽しかった」と笑わせつつ、「僕も車好きでウソをつきたくなかったので、真剣にやらせていただきました。ドリフトのシーンも手を抜かずに納得できる絵が撮れたので100点満点」と力を込めた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ