プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

『劇場版 呪術廻戦 0』“2年ズ”鼎談後編&映画オリジナルシーンカット解禁

(左から)小松未可子、内山昂輝、関智一の画像

(左から)小松未可子、内山昂輝、関智一

 2021年12月24日に公開されたアニメ映画『劇場版 呪術廻戦 0』から、七海・冥冥・京都校メンバーら、映画オリジナルシーンの本編カットが解禁。さらに、先日公開された、禪院真希役の小松未可子、狗巻棘役の内山昂輝、パンダ役の関智一による“2年ズ”鼎談の後編も到着した。同作の大きな魅力でもある、アクションシーンについて語っている。

【場面写真】七海・冥冥・京都校メンバーらのアクションシーン

 本編全体を通したアクションシーンに、内山は「アクションシーンのレベルが高いのはもちろんなんですが、キャラクターによって戦い方のスタイルが違うのも面白かった。真希さんだったら薙刀状の呪具だし、乙骨だったらソードアクション、パンダだったら肉弾戦。そういう違いによってバトルの雰囲気が変わるので、観ていて全く飽きなかったです」。

 関は「序盤からアクションシーンの勢いがすごくて、このままこのペースで続いていったらラストはどうなるのかなって思っていたんですよ。同じレベルのアクションシーンじゃつまらなくなるかもしれないって。でも、ラストはもう何が起きているのかわからないくらい激しくなっていて、メリハリがしっかりしていて楽しめました」と語っている。

 原作では描かれていなかった映画オリジナルシーンとなる、七海・冥冥・京都校メンバーらの活躍に小松は「東京でみんなが頑張っていた頃、京都校の人たちもちゃんと戦っていたんだって、原作の深堀がより出来ていいシーンだと思いました。あと……ナナミンはずるい! 決めるところは決めちゃって、うらやましいくらいにいいシーンを持っていかれちゃった(笑)。冥冥も大きな武器振り回してね。颯爽としていてカッコよかった!」と語るなど、映画オリジナルとなるシーンの魅力を感じていた。

 そのほか、TVアニメシリーズで戦った“京都校メンバー”の活躍ぶりや“乙骨最強説”などを語っている鼎談完全版(後編)は映画公式にて掲載。

 また、本作にてアニメ初登場となったキャラクター・日下部篤也のCVを三木眞一郎が担当することも併せて解禁となった。

 『呪術廻戦』は、『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載中の同名漫画が原作で、ある強力な「呪物」の封印が解かれたことで、高校生の虎杖悠仁が、呪いをめぐる戦いの世界へと足を踏み入れるダークファンタジー。テレビアニメが2020年10月~21年3月まで放送され人気を博し、原作漫画の累計発行部数は6000万部を突破している。

 『劇場版 呪術廻戦 0』は、『呪術廻戦』の前日譚であり、原作漫画の連載前に芥見下々氏が短期集中連載として描き下ろした「東京都立呪術高等専門学校」を映画化したもの。「0巻」として単行本化もされ、単巻コミックスとしては異例の大ヒットを記録するなど、ファンからの支持も非常に高いエピソードとなっている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ