プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

奥平大兼、茅島みずき主演“Z世代”ドラマに参加 高校生にアツいメッセージ「自分次第で学校生活を楽しむ方法はある」

『卒業式に、神谷詩子がいない』に出演する奥平大兼の画像

『卒業式に、神谷詩子がいない』に出演する奥平大兼

 俳優の奥平大兼(18)が、2月27日に日本テレビでスタートするZドラマ『卒業式に、神谷詩子がいない』(後1:45※関東ローカル)に出演が決定した。視聴者となる“Z世代”の高校生に向け「とにかく『学校生活を楽しもう』ということを伝えたいです。僕自身、今年で高校卒業なので、もう学校生活がないと思うととても悲しいので今高校もしくはこれから高校生になる方に勉強など縛られることはあるかもしれませんが、それでも自分次第で学校生活を楽しむ方法はあるというのを伝えたいです」とアツくメッセージを送っている。

【写真】圧倒的な脚線美の茅島みずき セーラー服姿で応援マネ

 『Zドラマ』とは「Z世代に向けたエール」をコンセプトに、ドラマの世界観をメディアや手法にとらわれず、SNS、楽曲、ライブ配信、映画、舞台など自由なカタチで描き出すドラマプロジェクト。今作では月~土曜日に『かじるドラマ』と名付けた短尺の縦型ショート動画コンテンツを各SNSプラットフォームで毎日配信する。出演者によるVlogや日曜日に放送する本編ドラマを濃縮した映像を先行配信。そして日曜日の地上波放送、TVerでは長尺の『浸るドラマ』として、ドラマをより深く楽しむコンテンツを届けていく。

 複雑な家庭環境や中学時代のトラウマから明るい未来を思い描けずにいた神谷詩子(かみや・うたこ/茅島みずき) 。2019年春、高校入学が詩子にとって大きな転機となる。詩子のダンスをきっかけに意気投合した6人は、自分たちを「ファンファーレ」と名付け、共に時間を過ごす一緒にダンスを踊り、夢を語り合い、かけがえのない仲間になっていくが…迎えた卒業式。高校最後の大切な日に、詩子はいなかった。

 奥平はデビュー作となる映画『MOTHER マザー』((2020))でスクリーンデビューし、新人賞4冠を達成した注目俳優。寺島史也役で起用を受け「同世代の方々と大人数でお芝居するというのが初めてなのでうれしかったですし、すごく楽しみです」と期待。「1話を読んで素直に羨ましい気持ちがありました(笑)。このようなご時世ということもあり僕自身、学生生活というものに対して思い出が少ないので羨ましいなと思いました」と脚本を読み、率直な感想を語った。

 茅島ほか同世代キャストは今後発表予定だが、視聴者に向け「今のリアルな高校生の姿を見せたいなと思っています。この6人でしか見せられない高校生の姿を見せつつ、物語としてどうなっていくかを楽しんでもらえるとうれしいです」と呼びかけている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ