プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

“戦友”横浜流星&那須川天心、仲良しぶり明かす 友だち少ない天心「流星くんが連絡してくれる」

那須川天心(左)、横浜流星 (C)ORICON NewS inc.の画像

那須川天心(左)、横浜流星 (C)ORICON NewS inc.

 俳優・横浜流星(25)、格闘家の那須川天心(23)が、13日放送のTBS系『櫻井・有吉 THE夜会』(毎週木曜 後10:00)にゲスト出演。那須川は、極真空手初段の横浜との関係を「小学校の頃から仲が良い」と明かし、その実力について「もう本当に強かったんですよ」と太鼓判を押した。

【貴重写真】空手世界大会で優勝した横浜流星

 横浜は、中学3年生のときに『国際青少年空手道選手権大会』で世界一になったほどの実力者で、那須川は「空手やってただけみたいな感じの人って結構いるじゃないですか。じゃなくて、もう本当に強かったんですよ。このままキックボクシングとかやったら本当にチャンピオンとかいけるぐらい」と評した。

 対して、横浜は天心について「すごかったっす。空手って無差別なので天心よりも何倍も体格が大きい人がいるのに、スピードで翻ろうして勝つのを見て、すごい子だなと思っていた」と振り返った。2人は現在もプライベートで仲が良く、天心は「友だちとかあんまりいないんで、流星くんが連絡してくれる」とはにかんだ。

 番組後半では、横浜の事務所の後輩・佐野勇斗(23)がミットを構え、蹴りを実演することに。横浜が軽く「6ぐらい」で蹴っただけで、佐野は「殺気を感じた」とビビり、次に「8」を経験すると「フォーー!」と衝撃にのけぞった。横浜は「これが横浜の8です、僕の8は天心の4ぐらいだと思う」と言い、天心が蹴ると、佐野は茫然自失となった。

 佐野も空手経験があるが、「ただ空手をやってただけ」とキュートな笑顔をみせていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ