プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

生田絵梨花「“素に近い状態の私”を見ていただける」 『脱力』初登場で躍動

14日放送のバラエティー『全力!脱力タイムズ』の模様(C)フジテレビの画像

14日放送のバラエティー『全力!脱力タイムズ』の模様(C)フジテレビ

 昨年末に人気アイドルグループ・乃木坂46を卒業した女優の生田絵梨花、ピン芸人の陣内智則が、14日放送のフジテレビ系バラエティー『全力!脱力タイムズ』(毎週金曜 後11:00)に出演。今回は「緊急特別企画“世界の2022年を占う!”」と題し、2022年の世界情勢を大予想する。

【写真】美肌を大胆に…ベッドによこたわる生田絵梨花

 脱力メンバーは、今回の企画のために事前に各分野の専門書を読んで勉強してきたと言い、MCのアリタ哲平(有田哲平)から意気込みを尋ねられると、解説員の吉川美代子氏、出口保行氏だけでなく、生田までもが、難解な専門用語を織り交ぜながら、対談に向けての抱負を語り出す。しかし陣内は、想像外のテーマに戸惑いの表情を浮かべるばかり。何やら気まずい空気が流れる中、緊急特別企画がスタートする。

 まずは、世界的に有名な経済学者と、吉川氏&出口氏、通訳として英語が堪能な小澤陽子アナウンサーが対談を行うことに。半導体不足など世界経済が直面している問題について議論を交わす一同だったが、徐々に知られざる事実が浮き彫りになり、陣内をあきれさせる。

 続いての専門家との対談では、幼少期をドイツで過ごし、ある程度ドイツ語を話せるという生田が通訳を兼ねて、アリタとともに議論に参加することに。かくして別室へ向かう2人だったが、ここでもスタジオの一同が予想だにしない出来事が起こる。

 収録を終えた生田がコメントを寄せた。

――まず、『全力!脱力タイムズ』初出演の感想をお聞かせください。
今まで何度か番組を見させていただいているんですが、今回は何というか…新しかったですよね(笑)? 私自身、たくさんしゃべりはしましたけど、あまり仕事をした気がしないというか(笑)。その分、放送がどんな感じになっているのか、楽しみではあるんですけど。

――初めて収録に参加してみて、気付いたことや発見はありましたか?
ゲストの芸人さんが、台本をもらわないまま本番に臨んでいるっていうのは、本当だったんだって。私は最初、そういう設定があるだけで、実際、台本の流れは、芸人さんもある程度共有しているものだと思っていたんです。でも今回、陣内さんは明らかに何も知らされてなかったじゃないですか(笑)。ものすごくびっくりしましたし、そこが、この番組ならではの面白さにつながっているんだなって改めて思いました。

――一番難しかった点は?
やっぱり何といっても、専門用語を駆使して話す冒頭のシーンですね。全然わからない言葉を、さも知っているかのように理路整然と話さなくちゃいけないので、めちゃめちゃ難しかったです。あとは、番組が進行していく中で、ここは自分も話に入っていっていいのか、逆に、ここで自分が割って入ったら台無しになっちゃうんじゃないか、その辺りの見極めが難しくて。今回はちょっと探り探りでしゃべってしまったところがあるので、もしまた呼んでいただける機会があれば、今度はみなさんと、もう少しうまく話せたら、と思いますね。

――ゲストの陣内智則さんの印象は?
“わかりづらい!”と愚痴を言いながらも(笑)、ちゃんと的確にツッコんでらっしゃって、本当にすごかったです! 私はもともと陣内さんのネタが大好きで。ひとりコントで、映像やモノに対してツッコむときの、あの陣内さんの姿が好きなんです。だから今回、私のことをツッコんでくださって、とてもうれしかったです(笑)。

――では、有田さんの印象は?
有田さんとここまでちゃんとお話をするのは、今回が初めてだったんです。“ほぼオフ”の状態でお話しできたので、すごく楽しくて貴重な経験になりました。特に有田さんの雰囲気が面白かったですね。お笑い芸人の方の演技力って、やっぱりすごいんだなって思い知らされました。

――では最後に、今回の『脱力タイムズ』の見どころを教えてください。
今回は、素の私…いえ、“素に近い状態の私”を見ていただけるんじゃないかと思います(笑)。ただ、ちょっと心配なのは、視聴者の方々の中には、私の発言を全部信じちゃう人もいるんじゃないかって(笑)。ファンの方なら分かってくださると思うんですが、あくまでも“素に近い状態”であって、完全な素ではない、ということは言っておきたいなと…ややこしくってごめんなさい(笑)。考えてみたら、私は今まで、ひとりでトーク番組に出たことってほとんどないんですよ。ひとりで自分のことを話す初めての番組が『脱力タイムズ』っていうのも、ちょっと面白いですよね(笑)。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ