プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

黒木華、主演ドラマ『ゴシップ』で見せる新境地 「どこまでも広げられるキャラクター」で躍動

『ゴシップ#彼女が知りたい本当の○○』第2話カット(C)フジテレビの画像

『ゴシップ#彼女が知りたい本当の○○』第2話カット(C)フジテレビ

 女優の黒木華が主演を務めるフジテレビ系木曜劇場『ゴシップ#彼女が知りたい本当の○○』(毎週木曜 後10:00)が、6日よりスタート。これまで、数々の作品で個性的なキャラクターを演じてきた黒木が、淡々とした話し方で、ひたすら事実を追及していく新たな役どころに挑戦している。第1話の内容を振り返りながら、その魅力に迫っていく。

【写真たくさん】『ゴシップ#彼女が知りたい本当の○○』第1話カット

 黒木演じる瀬古凛々子(黒木)は、大手出版社・クスノキ出版の経理部に所属。場の空気を読んだりすることは苦手だが、この世界や他者を知りたいという欲求は強く、優れた洞察力を生かしてちょっとした矛盾や誤りを見抜く能力に長けている。経理部では、その厳しいチェックぶりから地獄の番犬“ケルベロス”とも呼ばれている。そんな凛々子の能力を認め、彼女の協力で同期のライバルを蹴落として執行役員となった仁和正樹(安藤政信)は、凛々子にある仕事を命じる。それは、クスノキ出版が運営するニュースサイト「カンフルNEWS」の立て直しだった。

 温厚で争いごとが苦手な放任主義の編集長・山田礼二(生瀬勝久)を筆頭に、他社のニュースやブログ記事のコメントをコピペしただけの“コタツ記事”ばかりを発信している「カンフルNEWS」のメンバーに対して、凛々子は、月間5000万PVという目標を掲げ、そのために「ゴシップで攻める」という戦略を立てる。凛々子は感情を表に出さず、落ち着いた口調で、事実を見つけ出すために手を尽くしていく。

 黒木と「お仕事ドラマ」の相性はよく、これまでTBS系『重版出来!』でのコミック誌の編集者・黒沢心役、フジ系月9ドラマ『イチケイのカラス』での裁判官・坂間千鶴役などを担当してきた。どちらも、内面に抱えている熱い気持ちを表に出す魅力的なキャラクターだったが、凛々子は“体温の低さ”が画面越しに伝わってきて、それゆえにミステリアスな雰囲気をかもし出している。

 今回の役どころについて、黒木は「どこまでも広げられるキャラクター」と評したが、インタビューでは「私は、もう少し人と上手く関われるので、似ているかどうかと言われるとあまり似ていないかもしれません(笑)」と率直な思いを吐露。「最初に台本を読んだときは、どういう風に演じればいいのか、悩みました。今は、演じながら、監督や共演者のみなさんと一緒に作っていければいいなと思っています」とも話しており、黒木にとって新たな挑戦となっている。

 初回放送中には、SNS上で「綾波レイの雰囲気を感じる」「綾波レイみたい」との声が相次いで寄せられるほど、凛々子の個性的なキャラクターには早くも注目が集まっている。「仕事はクズじゃない、クズなのはそう思っている人」「どちらかをなかったことにはできません」「あなたのやった事実をありのまま書きます。それが私の仕事ですから」など、凛々子だからこそ貫ける信念にも共感が広がっている。きょう放送の第2話では、凛々子が早期退職した山田に代わって、編集長に就任し、物語は新たな局面を迎えるが、黒木が凛々子を通して見せる新境地にも期待したい。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ