プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

ラジオ局が舞台の“異例の生配信演劇” ラジオ大好きCreepy Nuts、佐久間“船長”ら『ANN』仲間が集結

オールナイトニッポン55周年記念公演『あの夜を覚えてる』を手がける(左から)佐久間宣行氏、石井玄氏 (C)ORICON NewS inc.の画像

オールナイトニッポン55周年記念公演『あの夜を覚えてる』を手がける(左から)佐久間宣行氏、石井玄氏 (C)ORICON NewS inc.

 人気深夜ラジオ『オールナイトニッポン(ANN)』(ニッポン放送)が2022年10月に放送開始55周年を迎えることを記念し、55周年記念公演『あの夜を覚えてる』が来年3月20日と27日に上演される。大のラジオ好きである俳優の千葉雄大と高橋ひかるがW主演を務め、同局館内を舞台にした生配信のオンライン演劇作品で、総合演出を務めるのは水曜の『ANN0(ZERO)』パーソナリティーのテレビプロデューサー・佐久間宣行氏。ラジオ×演劇×オンラインの新機軸はどのように企画が立ち上がり、どのように進められているのか。佐久間氏と本企画のプロデューサーを担当する同局エンターテインメント開発部の石井玄氏の対談をORICON NEWS独占でセッティングした。

【動画】Creepy Nuts&Ayase&幾田りら豪華コラボの経緯を語った佐久間宣行&石井玄

■合言葉は「ラジオ好きな人と作りたい」 伝説の「卓ぶっ壊れ事件」も再現?

――制作はノーミーツさんが手がけますが、今回の企画が立ち上がった経緯は?

【石井玄】ノーミーツのメンバーから連絡をもらって、何か企画をやりたいということで、ANNが55周年ということもあるから、ニッポン放送の社屋を舞台にやろうという話になりました。そこで、いろんな番組や人を巻き込んでいきたいとなった時に、ノーミーツから「佐久間さんにお願いしたい」との申し出がありました。

【佐久間宣行】立ち上げの作品を見たり、アフタートークに呼んでもらったと、ノーミーツとの関係性もあったのですが、僕は何度も言いましたよ。「監修じゃダメなのか」と(笑)。企画は面白かったんだけど、なんにもやらないのに総合演出という立場だと申し訳ないので、スケジュールの調整ができなければ監修ということでって話していました。ただ、台本を読んで意見しちゃったので、だったら総合演出でという話になったんです。

【石井】僕は、スケジュールを無理やりねじ込んでいきました(笑)。

――W主演の千葉雄大さん、高橋ひかるさんの起用理由は?

【石井】ノーミーツのみんなが、ラジオや『ANN』が好きだから、今回の話を持ってきてくれたので、ラジオが好きな人たちと作りたいという流れから、演じる方もラジオが好きな人がいいということで、千葉さんと高橋さんにお願いしました。

【佐久間】お2人がやってくれると最初に聞いた時に、本当にラジオ好きな方がやってくださるので、リスナーとしても純粋にうれしいなと思いました。ラジオが舞台で、ラジオの熱とか、あるあるとかが入っているお芝居になるんだったら、それを背負うっていうのは、仕事としてだけ受ける人だと難しいだろうなというのは感じていたので、お2人だったら、ラジオが好きで、スタッフの意を汲んでくれるだろうなと。

【石井】スタジオを使って、実際の放送と同じような風景を放映したり、会議室を使ったり、本物を模しているところも随所に現れる作りにします。ノーミーツも、ディレクターやミキサーといった現役のスタッフにも取材をしているので、実際にあったことや、スタッフが考えていることや行動や動きもリアルな作りになっていると思います。

――そうなると、佐久間さんの『ANN0』で、機材が壊れた伝説の「卓ぶっ壊れ事件」も登場するのか楽しみです。

【佐久間】僕は、あれは1年に1回くらい起きている出来事だと思っていたら、めったにないことだったみたいで。個人的には面白かったですよ。ちょっとだけ、今回のタイトルにもかかってきますが「あの夜を覚えてる」っていうのは、それぞれにとって好きな回は違うと思うんですけど、ラジオって自分にとって覚えている回があるじゃないですか。この作品が、そうなればうれしいですね。

【石井】卓がぶっ壊れた回は、僕もよく言われますね。当然、狙って作っているわけではないのですが(笑)。先日、佐久間さんの『ANN0』直前に放送されている『乃木坂46のANN』で、新内眞衣さんが卒業を発表された時に、佐久間さんが遅刻して『ANN0』放送ギリギリに来た回も印象的な回でしたね。新内さんのグループ卒業発表、佐久間さんは東京国際フォーラムで番組イベントを成功させた直後というタイミングでもあったので。

【佐久間】本当だったら、めちゃくちゃ褒められる回だったのに(笑)。やっぱり、通常のテレビの仕事をやりながら、『ANN0』をやって、東京国際フォーラムで番組イベントをやるって、ちょっと尋常じゃないスケジュールだったので(笑)。

【石井】だから、あの夜は覚えていますよね。僕らも覚えていますし、リスナーも覚えているし、佐久間さんもあの夜を覚えている。

■佐久間氏、新内眞衣に寝坊を告白 5000人と一緒に作った番組イベントは「ひとりで立っている感じがしなかった」

――その日の『ANN0』には、卒業発表直後の新内さんがスタジオに来て、佐久間さんとのトークも実現しました。佐久間さんが一旦は黙っていたものの、最終的には遅刻したことを新内さんに打ち明けるという場面も印象的でした。

【石井】フリートークで寝ていたっていう話をするんだから、隠し通すこと自体が無理なんですよ(笑)。

【佐久間】いや、目の前の新内さんを悲しませたくないなと思ったんだよ。結果的に、ブースをあとにした新内さんに、もう一度戻ってきてもらって「寝坊して(卒業発表を)聞いてませんでした」って言う、超カッコ悪い放送になっちゃって…(苦笑)。あれは、僕に本当のことを言わせるようにした、作家の福田(卓也)がすごいですよ。ただ、逆にひとつだけ褒めてもらいたいのは、46歳で、テレビでまぁまぁのプロデューサーなのに、スタッフになめられるっていうところですよ(笑)。

【石井】今回の配信にもつながる話ですが、何か不測の事態が起きた時に、一丸となって行動できるかが大切ですね。佐久間さんのエピソードを笑い話にできるのも、番組チームがディレクターと作家も含めていい環境になっているからだと思います。

――主題歌を火曜『ANN0』のCreepy Nutsさんと、火曜『ANN X(クロス)』のYOASOBIのAyaseさん&幾田りらさんの4人が手がけることになりました。

【石井】ノーミーツの作品で主題歌としてYOASOBIの楽曲を使用したことがあるなどの関係性があって、Creepy Nutsはオールナイトニッポンのことには非常に協力的で(笑)。その2組が一緒にやるのは難しいかなと思っていたら、やってくださるということになって、本当にびっくりしています。

【佐久間】めちゃくちゃ楽しみだけど、ノーミーツは相当なプレッシャーだろうな(笑)。ハードルが上がりすぎているから…。先日、火曜日にニッポン放送に行ったらYOASOBIのお2人があいさつに来てくれて、初めてお会いしたんですけど、大スターなのにめちゃくちゃ人柄が良すぎるって思ったので、そこが今回実現した理由のひとつだなと感じています。改めて考えたら、日本でトップ10くらいに入るアーティストでもある(YOASOBI、星野源、Creepy Nuts)3組が、火曜日に縦並びで『ANN』ブランドの番組をやっているってすごいですよね。

――佐久間さんは先日、『ANN0』のイベントで東京国際フォーラムに立たれました。

【佐久間】東京国際フォーラムいっぱいにお客さんが入っていることに感動しましたね。ひとつは、自分のラジオで満席になってくれる喜び、もうひとつは、コロナ禍でなかなかできなかった満席が実現したこと。イベントが始まってしまったら、ラジオを聴いていないとわからないボケでも、ドカンとウケるから。それ一発で楽になっちゃいましたね。僕はパーソナリティー、お客さんはリスナーだけど、同じものが好きだってわかったから、なんかひとりで舞台に立っている感じじゃなかった。ひとりで立っていると、1対5000だけど、5001で一緒に東京国際フォーラムを盛り上げているっていう感覚で。ダサいから言わなかったけど、ひとりで立っている感じがしなかったです。

――旗揚げゲームの要領で、チュロスを上げたり下げたり食べたりする「チュロ上げ」も大変盛り上がりました。

【佐久間】あそこだけは、作家の福田から「マジでやらないとダメです」って言われて、僕は無心で記録を出そうと思ってやっていました(笑)。これ面白いでしょうとかじゃなくて、記録を出すっていう気持ちが先にきていたので。フリーになったのも今年だし、改めて考えるとすごい1年だったな。そんな中で、ラジオが週に1回、真ん中に90分話す場があるというのは、僕にとってすごく大切で。ラジオがあったから、会社をやめると決めた時もその気持ちを話せたし。あとは単純に楽しいですね。

――佐久間さんの『ANN0』では、スポンサーさんと名物コーナーがタイアップすることもありますが、タイアップ感が全面に出るというより、コーナーとして非常にクオリティーの高いものに仕上がっています。

【佐久間】あれはスタッフとリスナーが優秀なだから、普通におもしろいんですよね。お笑いの場合でもあるんですけど、制限があった方が面白くなるっていう。今は「企画書はラブレター」のコーナーを明治さんとタイアップして、お題を毎回季節に合うテーマにしているんですけど、その方が面白くなっています。僕自身も「タイアップコーナーなんだ」とか思ったりしていないですね。ただ、明治さんが、メール読まれた人にヤンヤンつけボーを50個送ってくれたというのは、やっぱりクレイジーだなと(笑)。全部で50個じゃなくて、ひとりあたり50個なんだと(笑)。あと、先日、明治さんの歌ありのラジオCMを録ったんです。僕音痴なんですけど、一番ヘタなやつが採用されました(笑)。

【石井】そんな佐久間さんにも、ノーミーツはパーソナリティーとして取材をしていますので、今回の配信もかなりリアルな作りになっていると思います!

◆ニッポン放送『オールナイトニッポン』55周年記念公演『あの夜を覚えてる』
主演:千葉雄大、高橋ひかる(※高ははしごだか)
総合演出:佐久間宣行
プロデューサー:石井玄
脚本・演出:小御門優一郎
日程:2022年3月20日、27日
チケット:2022年1月発売予定
制作:ノーミーツ
主催:ニッポン放送

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ