プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

内藤秀一郎、金髪姿の『仮面ライダーセイバー』舞台あいさつで苦笑い「正真正銘の神山飛羽真です!」

Vシネクスト『仮面ライダーセイバー 深罪の三重奏』の完成披露舞台あいさつに参加した内藤秀一郎 (C)ORICON NewS inc.の画像

Vシネクスト『仮面ライダーセイバー 深罪の三重奏』の完成披露舞台あいさつに参加した内藤秀一郎 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の内藤秀一郎、山口貴也、青木瞭、女優の川津明日香、飛鳥凛、上堀内佳寿也監督が12日、都内で行われたVシネクスト『仮面ライダーセイバー 深罪の三重奏』の完成披露舞台あいさつに参加した。

【動画】『セイバー』キャストがテレビシリーズから8年後の役衣装で登場!

 主人公の神山飛羽真/仮面ライダーセイバーを演じた内藤は、テレビシリーズとは打って変わって金髪姿で登場。テレビ朝日系ドラマ『もしも、イケメンだけの高校があったら』に一ノ瀬塁役で出演しているためで、内藤は「きょうは誰に会っても『誰?』って言われるんですけど、正真正銘の神山飛羽真です」とちゃめっ気たっぷりに語っていた。

 テレビシリーズから8年後という設定。役衣装を見ると「意外とラフですよね。本編では、意外とキッチリとしていたスーツっぽい衣装が多かった。8年後ということで、大人っぽくしなきゃと、いろいろ試行錯誤した結果、ぶかっとした感じで。8年も経つと、あんなキレイめな格好はしないんじゃないか」と、歴代の仮面ライダーシリーズでもファッションセンスが高いことでおなじみだった飛羽真らしいこだわりを明かす。「気に入ってます。個人的にもブカブカな服が好きなので」と笑顔を見せた。

 また、自身の8年後のイメージを問われた内藤は「33歳か。何してるんだろう」と苦笑い。それでも「芝居は続けてる」ときっぱりと言い切ると「もしかしたら結婚もしてるのかな? 理想は結婚して、子どももいて、芝居もできて幸せだったらいいな」と思い描いていた。

 本作は、昨年8月に最終回を迎えた『仮面ライダーセイバー』のテレビシリーズから8年後を描く物語。『セイバー』にとっては初の単一劇場作品となる。28日から映画館で期間限定上映を行い、5月11日にBlu-ray&DVDがリリース。通常版のほか、作中で登場する変身アイテム「DXアラビアーナナイト&月光雷鳴剣黄雷エンブレム」と「アメイジングセイレーンワンダーライドブック」が付属した【DXアラビアーナナイト&アメイジングセイレーンセット付属版】も同時発売となる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ