プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

西野七瀬『non-no』専属モデル卒業 期間は6年9ヶ月「甘えられる存在でした」ラスト号は表紙&36P別冊付録

専属モデルを卒業する『non-no』3月号通常版で表紙を飾る西野七瀬(C)non-no2022年3月号通常版/集英社 撮影/熊木優(io)の画像

専属モデルを卒業する『non-no』3月号通常版で表紙を飾る西野七瀬(C)non-no2022年3月号通常版/集英社 撮影/熊木優(io)

 女優の西野七瀬が、専属モデルを務める集英社のファッション誌『non-no(ノンノ)』の3月号(19日発売)をもって、卒業することがわかった。専属モデル期間は6年9ヶ月。卒業号では表紙を飾り、巻頭特集では『ノンノ』で過ごした日々を振り返るインタビューが掲載され、通常版には西野の連載「ななせるふ。」の4年間分をまとめた36ページの別冊付録「ななせるふ。Complete book」が付いてくる。

【別カット】ピンクに包まれ…大人な表情を見せた西野七瀬

 ノンノモデルとしてデビューしたのは2015年6月号。6年9ヶ月にわたりノンノモデルとしてさまざまな表情を見せてきた。その間、累計21万部を超えた1stフォトブック『わたしのこと』の発売や乃木坂46の卒業も経験した。20歳から27歳まで過ごした『ノンノ』のことを西野はこう振り返る。

 「私にとって圧倒的にホーム感のある場所。(中略)こんなに居心地よく過ごせる現場って本当にありがたくて、甘えられる存在でした」

 巻頭特集にはインタビューだけでなく、数字で“ノンノモデルの西野七瀬”を振り返るコーナーも。『ノンノ』の表紙は14回、『ノンノ』で描き下ろした“どいやさん”(西野直筆のキャラクター)は103体、などさまざまな数字が登場。なかでも注目は西野の誕生日である5月25日で、「(ノンノの)創刊日と私の誕生日が同じだと分かって。運命的なものを感じました」と語る。

 また、西野のその時々の素直な言葉がつづられてきたな連載「ななせるふ。」は、6年以上続いた連載の前半2年分はフォトブック『わたしのこと』に収録されたが、残りの4年間分となる47回分を今回、別冊付録としてまとめて掲載。撮り下ろしや貴重なアザーカットも加えた別冊付録は、『わたしのこと』とまったく同じサイズで作られた。

 また、同号には特別版の表紙を飾ったHey! Say! JUMPの山田涼介のスペシャルインタビューや、King & Princeの岸優太のスニーカー特集を掲載。大好評のKing & Prince連載には永瀬廉と神宮寺勇太が登場する。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ