プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

人食い伝説のある最後の狩猟民・ムラブリ族の生活を記録したドキュメンタリー

ドキュメンタリー映画『森のムラブリ インドシナ最後の狩猟民』3月19日よりシアター・イメージフォーラムほか全国で順次公開 (C)幻視社の画像

ドキュメンタリー映画『森のムラブリ インドシナ最後の狩猟民』3月19日よりシアター・イメージフォーラムほか全国で順次公開 (C)幻視社

 ラオスの森でバナナの葉と竹で寝屋をつくって野営し、平地民から姿を見られずに森の中を遊動するというノマド生活を送る少数民族、ムラブリ族。タイ人は彼らを「黄色い葉の精霊」と呼ぶ。そんな狩猟採集を続けるグループへの接触を試み、世界で初めてムラブリ族の謎めいた生活を撮影することに成功。ドキュメンタリー映画『森のムラブリ インドシナ最後の狩猟民』として、3月19日よりシアター・イメージフォーラムほか全国で順次公開される。

【写真あり】森で暮らすムラブリ族の男性

 本作は、6ヶ国語を自由に話し、文字のないムラブリ語の語彙を収集する、言語学者・伊藤雄馬氏とともに足かけ2年、映画評論家でもある金子遊が監督・撮影・編集を担当した。

 タイ北部ナーン県のフワイヤク村は、300人のムラブリ族が暮らす最大のコミュニティ。男たちはモン族の畑に日雇い労働にでて、女たちは子育てや編み細工の内職をする。無文字社会に生きるムラブリ族には、森の中で出くわす妖怪や幽霊などのフォークロアも豊富だ。しかし、伊藤氏が話を聞いて歩くと、ムラブリ族はラオスに住む別のグループを「人食いだ」と怖れている様子。

 伊藤氏はムラブリ族は言語学的に3種に分けられることに気づき、お互い伝聞でしか聞いたことのないタイの別のムラブリ族同士が初めて会う機会を創出する。本作は、人食い伝説によって、たがいに憎しみあっていたムラブリ族に日本の言語学者が対話の力で融和をもたらす、映像人類学の可能性を切りひらく、かつてない冒険の記録でもある。また、今は村に住んでいるタイのムラブリ族の1人に、以前の森の生活を再現してもらうなど、消滅の危機にある貴重な姿をカメラに収めた。

 さらに国境を超えて、ラオスの密林で昔ながらのノマド生活を送るムラブリを探す。ある村で、ムラブリ族が山奥の野営地から下りてきて、村人と物々交換している現場に出くわした。それは少女ナンノイと少年ルンだった。地元民の助けを得て、密林の奥へと分け入り、研究されることも撮影されることもなかった現代のムラブリ族の暮らしをカメラに収めた。

 インドシナ半島の密林におけるサステナブルで、政府からも自由なアナーキーな生き方を見つめることで、文明社会で暮らす私たちにも、「真に重要なことは何か」が見えてくる作品に仕上げている。

■金子遊(監督・撮影・編集)のコメント

 タイ、ラオス、ミャンマーにかけてのゾミアと呼ばれる山地に住むムラブリ族は、半裸で森を移動する遊動民で、長らく狩猟採集生活をしてきました。この映画はまず、タイ側で焼畑農業をおこなうモン族にジャングルを焼き払われた挙げ句、ムラブリ族が日雇い労働者として彼らの農業を手助けしている実体を描きます。そこには、現代の人類学やエコ・クリティシズムに共通する視点があります。無文字社会に生きてきたムラブリですが、即興的な歌唱法やフォークロアをもっています。

 ムラブリ語を流暢に話し、インドシナ半島の各地に散らばったムラブリの言葉を比較研究する日本の言語学者・伊藤雄馬氏と出会ったことから、このドキュメンタリー企画はスタートしました。映画の後半では、伊藤氏とわたしのカメラはラオスの森の奥深くに踏みこみ、研究されることも撮影されることもなかった現代のムラブリの遊動民生活を記録しています。そこから見えてくるのは、人類にとって火を使うこと、食べること、住むこと、夫婦になること、子どもを持つこと、家庭をつくることは何かという、わたしたちの文明を逆照射し、内省を迫られる根源的な課題でした。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ