プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

元Wanna Oneオン・ソンウが新人バリスタ役 “人生を変えるコーヒー”ドラマ

Hulu プレミア『コーヒーを飲みましょうか?』2月4日からHuluで独占配信(毎週2話ずつ配信・全12話) (C)Contents Creative Group Moonの画像

Hulu プレミア『コーヒーを飲みましょうか?』2月4日からHuluで独占配信(毎週2話ずつ配信・全12話) (C)Contents Creative Group Moon

 元Wanna Oneのオン・ソンウが主演する韓国のドラマ『コーヒーを飲みましょうか?』が動画配信サービス「Hulu」で2月4日より独占配信開始となる(毎週2 話ずつ配信・全12話)。主人公の運命を変えたコーヒーの奥深さと、コーヒー作りによって広がっていく温かな人間模様を描く。

【画像】コーヒーを淹れる横顔が美しい場面写真

 日本でも人気の公開サバイバルオーディション番組『PRODUCE101』シーズン2から生まれた期間限定のボーイズグループ「Wanna One」は、2017年8月にデビューし、当初の予定通り19年1月に解散。昨年12月11日に開催された「2021 Mnet アジアン・ミュージック・アワーズ(Mnet Asian Music Awards=2021MAMA)」で3年ぶりに“一夜限り”の復活を果たした際は、韓国や日本などアジアのみならず世界中のファンを歓喜させ、大きな話題を呼んだ。

 Wanna One人気の健在ぶりもさることながら、グループ解散後は、ソロアーティスト・俳優として多方面で活躍しているオン・ソンウ。本作で演じるのは、公務員受験に失敗し、気分転換のため偶然立ち寄ったカフェ“2(イ※)デコーヒー”で出会った1杯のコーヒーに魅了され、コーヒー作りに人生を賭ける決心をするカン・コビ。※韓国語で数字の「2」は「イ」と読む

 「人生の計画を変えさせたなら、その責任を取るべきでは?」と、店長のパク・ソクに弟子入りを申し出、頑なに断られてしまうも、どうしてもあきらめきれないコビは、毎日店に通い、必死にアピールし続ける。ついに念願の弟子入りを果たすと、失敗を繰り返しながらも、店にやってくる人々に寄り添いながら最高の1杯を提供するために奮闘していく。コビは、“人生を変えるコーヒー”をいれることができるのか――。

 コビが弟子入りするカフェの店長パク・ソクには、ドラマ『刑務所のルールブック』で注目を集め、韓国で社会現象を巻き起こしている大ヒットドラマ『ペントハウス』シリーズでも活躍したパク・ホサン。二人の師弟関係も見どころだ。

 本作は、映画化もされた『タチャ いかさま師』や『食客』など韓国で人気の漫画家ホ・ヨンマンがデビュー40周年を記念して描いた同名漫画が原作。心温まる人間ドラマとしてはもちろん、豆の選別から焙煎の工程、抽出など本格的なコーヒーの専門知識も楽しめる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ