プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

その他

「そんなもん母親の仕事だろっ」息子の進路を夫に相談したら怒鳴りつけられ…、“心の余裕のなさ”が生んだ家庭崩壊

『エンドレス離婚~もしも結婚生活をやり直せたなら~』(C)びばるの画像

『エンドレス離婚~もしも結婚生活をやり直せたなら~』(C)びばる

 妻に離婚を言い渡された“自称・いい夫”の主人公がタイムリープに巻き込まれ、過去を繰り返しながら離婚の原因に向き合う漫画『エンドレス離婚~もしも結婚生活をやり直せたなら~』。読者のコメント欄には、主人公のダメ夫ぶりに怒り心頭の女性読者の声がずらり。ところが、夫が抱える闇や生きづらい心境が描かれていくうちに、読者コメントの雰囲気に変化が起きてきた。「夫VS妻」という単純な構図に収めることなく、現代の家庭運営の難しさや男女がそれぞれに抱えるリアルな心理を描いた作者のびばるさんに話を聞いた。

【漫画】「もっと家事とか手を抜いていいんだよ!」ブラック企業で激務の夫、妻にかけた言葉とは?

■「もっと手を抜いていいんだよ」ワンオペ妻に夫が“無神経”発言

――主人公・聡の言動に、読者から「イラついて目が離せない」というコメントが殺到していました。

【びばるさん】奥さんたちがどれだけ夫に傷つけられてきたかがわかりますよね。もちろん聡と同じように、ほとんどの旦那さんも悪気はないんでしょうけど、だから余計にタチが悪い…。読者が抱えている育児や家庭での孤独や苦労がコメント欄で共有されていく感じは、本作を描く大きなモチベーションになっています。

──「既婚男性にはぜひ読んでほしい」というコメントも多いですね。

【びばるさん】はい。ただ読者が指摘する主人公・聡の欠点は、実は私自身のダメな面を投影しているんです。なので、聡をボロクソに言われるたびに、グサグサと来ながら「私も反省します」という気持ちになっています。

──びばるさんは女性ですが、ご自身にも聡の要素があると?

【びばるさん】はい。「相手のために頑張る自分」に酔ってしまうところが私にもあるんです。でもそういうのって、得てして独りよがりになりがちじゃないですか(苦笑)。またそれが相手の望みとズレいた時、「自分はこんなに頑張ったのに」と相手のせいにしてしまうことも…。そんな想いのすれ違いが、現代の夫婦の間で起きやすいのはなぜか? ということを本作では描きたかったんです。

■「家のこと何も考えてないくせに」離婚届を突き付けた妻の強烈な一言

──主人公・聡には「家族のために仕事に打ち込む」のが“いい夫”だという考えがあります。それがすれ違いの原因なのでしょうか?

【びばるさん】それ単体が原因、と測れるものではないと思います。夫婦の関係性によっては、それがベストの家庭もあるので、見方次第でそれも美点ですよね。ただ問題は「そんなもん母親の仕事だろう」とか「息子を叱るのは父親の役目」といったセリフにも現れているように、聡の中に男女の役割分担を明確に分ける考えが根深くあることなんです。

──妻・紀子が育児の助けを求めたときも、「俺は家族を守るために必死なんだ」と強い口調で怒鳴り返しています。

【びばるさん】聡はどこかで、家事や子育てを軽視しているんですね。だから表面的にかかわっただけで、「自分はやってる」「イクメンだ」と思ってしまう。こまごました家事はもちろん、育児だって子どもが成長するにつれて複雑化していきます。だけど激務に追われている聡には見えていない。これでは「家のこと何も考えてないくせに、家族の一員になれると思わないで」と、離婚を突きつけられても仕方ないですよね。

──聡の会社のシーンも描かれていますが、上司が部下に対して怒鳴り散らしていたり、残業で激務が続いたりとブラック企業に見えます。本質的な問題解決はここにもあるのかもしれません。

【びばるさん】働き方改革などと言われますが、古い体質の企業はまだまだ日本にたくさんあって、そのイメージを描いています。ただ、聡は仕事のつらさを他の人に吐き出せないんですよね。たとえ激務に疲労困憊していても、「男は家族を守るために頑張るべき」という価値観の持ち主ですからね。

──それでキャパオーバーになって、家庭で起きている問題が見えなくなってしまっていたとしたら…。たしかに結婚生活は破綻してしまうかもしれません。

【びばるさん】会社でも家庭でも大変なことはあるし、どっちのほうが大変というものでもない。だけど、結婚して人生をともに過ごしていくなら、お互いの苦しみを分かち合って助け合っていけたらいいですよね。漫画では、ループを繰り返しながら聡もそのことに少しずつ気付いていくわけです。

──最近は、読者からも聡を応援する声が少しずつ増えていますね。

【びばるさん】何度もバッドエンドにぶつかりながら、それでも愛する家族を取り戻したいという聡の気持ちに嘘偽りはないので、「そろそろ許してあげて」という声も増えてきました。私としても「すべて聡が悪い」というふうには描いていないつもりで、社会の価値観が変わる過渡期にはいろんな軋轢が起きるものだとも思います。そうした社会の変化が、ひと昔前にはなかった夫婦の問題をもたらしている、ということを本作では描きたかったんです。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ