プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

【鎌倉殿の13人】見逃し配信が好調 『青天を衝け』の倍以上を記録

小栗旬【撮影:KOBA】 (C)ORICON NewS inc.の画像

小栗旬【撮影:KOBA】 (C)ORICON NewS inc.

 俳優・小栗旬が北条義時役で主演を務める2022年のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(毎週日曜 後8:00 NHK総合ほか)第1回「大いなる小競り合い」が、9日に15分拡大版として放送され、その“見られ方”をNHKが11日、発表した。

【写真】小栗旬が演じる北条義時のビジュアル

 総合での平均視聴率(世帯)は17.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)、個人視聴率は10.6%を記録。一方でBSプレミアムの先行放送の時点で、大きな反響を集めていた。さらに、見逃し配信での視聴者も多くいたようで、NHKプラスでは、9日と10日の2日間で前回『青天を衝け』と比較しても、2~3倍の視聴UB数(同時+見逃し)を獲得した。

 第1回の視聴人数は、NHK総合で1771.9万人、BSプレミアムで443万人、あわせて2083.1万人(重複を排除した数字)となり、総合、BSプレミアム、見逃し配信など、さまざまな方法で視聴されていたことがわかる結果となった。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ