プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

たいめいけん茂出木シェフ、総額300万円超の若返り整形 “内面から輝くためのパワーに”

総額300万円超の若返り整形を行った「たいめいけん」茂出木シェフ(右)=ダウンタイム中の様子の画像

総額300万円超の若返り整形を行った「たいめいけん」茂出木シェフ(右)=ダウンタイム中の様子

 昭和6年創業の日本橋の名店『たいめいけん』の茂出木浩司シェフが、このほど『SBC湘南美容クリニック秋葉原院』名倉俊輔医の師執刀のもと、総額300万円を超える若返り整形手術を受けた。11日にその模様が名倉医師のYouTubeチャンネルで公開した。

【写真】総額300万円超の若返り整形!茂出木シェフのビフォー・アフター

 茂出木シェフといえば黒い肌が代名詞にもなっているが、その肌は30年以上の海通いによってかなりのダメージを受けていた。また、目の開きが悪くなったことや顔のたるみのせいで、昔の写真と見比べて、自身も衰えを感じていたそう。

 昔は美容整形に「親からもらった顔をいじるなんて」とネガティブなイメージを持っていたという茂出木シェフ。しかし、“ビッグボス”新庄剛志監督が美容整形をしていると知り考え方が変わり、美容整形を上手に使ってコンプレックスを変えることで、内面から輝くためのパワーにしたいと思ったという。

 動画では、緊張した面持ちでクリニックを訪れた茂出木シェフが、友人でもある名倉医師に相談するところからスタート。知り合うきっかけになったカイトサーフィンの話や、名倉医師が野生鳥獣による被害を解決するために捕獲した鹿を茂出木シェフが調理した話で、2人は大盛り上がり。その後、茂出木シェフの美容整形へのさまざまな思いを聞いて、名倉医師も「しっかりやらせていただきます」と力を込めていた。

 また、今回実際に施術を受けた茂出木シェフは、自身の領域である「食」から美容にアプローチ。手術後の回復を早める「ダウンタイム 食」を開発。90年の歴史があるたいめいけんのシェフとして、自身でも試食をしてより良いレシピを考案した。後日、『SBC湘南美容クリニック』公式YouTubeで、ダウンタイムが終わった後の様子も含めた総集編としての動画も公開を予定している。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ