プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

伊集院光、今春いっぱいで朝ラジオ終了「やっとご報告することができた」

伊集院光 (C)ORICON NewS inc.の画像

伊集院光 (C)ORICON NewS inc.

 タレントの伊集院光が11日、パーソナリティーを務めるTBSラジオ朝の帯番組『伊集院光とらじおと』(月~木 前8:30~11:00)が、今春いっぱいで終了することを番組内で発表した。

【写真】ラジオ局の垣根を超えて共演した伊集院光×大竹まこと

 同番組は一部で春での終了が報じられていたが、この日のエンディングで伊集院が自ら「この番組がこの春いっぱいで終了いたします。報告が遅れまして気をもんでいたリスナーの方も多いと思うのですが、基本的には僕はTBSラジオの方針に従って、言っていい時期というのをTBSラジオと僕のプロダクションと契約等を考えた結果、『ここまでは言ってはいけない』ということで」とこのタイミングで報告した理由を説明した。

 「僕からすると、やっとご報告することができたという感じ」と心境を明かし、「どうして終わることを喋ろうとすれば3時間でも4時間でも話はできるんですけど、その時間が取れないんであれば、たくさんのことを言うと誤解のみを与えていくんじゃないかということで、とりあえず今日のところは、このご報告をしておこうかな」と思いを伝えた。

 また、「TBSラジオの上層部から『伊集院くん、今日はこういうことを話したらどうですか』と提案をいただきましたけども、それに従っているともはやラジオパーソナリティーではないということになるので、そちらはご遠慮させていただきます」と自身のラジオへのスタンスを明確にした伊集院。

 6年間にわたり「一番この番組をやってきて良かった」こととして、「パラスポーツのコーナーでパラアスリートの方とたくさんお会いして、人生で思い描いていた未来像が事故や病気で絶たれてしまったときに、不貞腐れるのでなく、自暴自棄になるのでもなく、良い人生にするためにどうするっていう切り替えの心強さを教わりました」と振り返った。

 最後に「自分は面白い『伊集院光とラジオと』は止めますけど、伊集院光のラジオの人生、おしゃべりの人生、ここから前向きに立て直していこうかなと。とにかく僕は『伊集院光じゃなきゃいけない』という人たちに向けて喋って、『伊集院光じゃないとダメなんだ』という人たちと一緒にものを作っていうことだけはぶらさずにやっていこうと今後、ちょっとになりますけど、前向きに一生懸命にやることしかできないので、最終的にはいい終わり方をしていこうと思っています」と締めくくった。

 同番組は、同局の看板番組『大沢悠里のゆうゆうワイド』の後番組として2016年4月にスタートした。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ